ペットの火葬後にお骨上げする時に注意することとは?

コラム

ペットの葬儀では火葬の後にお骨上げをしますが、実際にはどんな意味があるのか、具体的な方法はどんなものなのかをご存知でしょうか?また、昔からよく「骨が黒いのは癌とか悪い箇所があったからだ」と言われていますが、果たしてそれは本当なのでしょうか?

人間の火葬と同じだと思ってたら全然想定していない結果になってしまうかもしれません。今回はそうならないように、ペットのお骨上げと人のお骨上げの違いや方法について解説していきます。

ペット火葬におけるお骨上げの知識

お骨上げとは具体的にどのような行為を指すか、そもそもお骨上げにはどんな意味があるのかをご存知でしょうか?もちろん大切な行為であることは分かっていても、詳細なことまでは分からないという人も多いかと思います。

お骨上げは葬儀において大切な儀式の1つ、まずはお骨上げそのものについて知識を深めていきましょう。

そもそもお骨上げとは

お骨上げとは正確に言えば「火葬後のご遺骨を親族や遺族など縁のある人たちが箸で拾い上げ、骨壷に収める行為」を指します。拾骨や収骨(どちらもしゅうこつと呼びます)とも呼ばれ、火葬が主流の日本ならではの習わしの1つですね。

骨上げの際は長さや材質が異なる2本の箸『違い箸』を使用します。これはあえて非日常的な作法をする事で日常と区別し、不幸が続かないようにする『逆さごと』という風習のためです。違い箸以外では逆さ水や縦結び、逆さ着物などもこの逆さごとの1つです。着物を着る際に左を前にしてはならないとされているのもこの逆さごとから来ています。

因みに、葬儀を夜間に行うのは「この世とあの世はあべこべであり、こちらが夜だとあちらは朝になる。死者があちらに行く時は明るい方が良いだろう」という考えから来ています。これらはあくまで人間のお葬式によるものですが、ペットを弔う時の参考にもなるでしょう。

お骨上げはあの世への橋渡し

お骨上げでは違い箸を使う事は先述した通りですが、そもそもなぜ箸を使うのでしょうか?実はお骨上げには『死者が三途の川を渡れるように手助けをする』という意味があります。
また、拾い上げた遺骨はすぐに骨壷に収めずに相手に渡す方法もありますが、これは『骨上げ箸』と呼ばれるもので三途の川への箸渡し(橋渡し)をするという意味があります。

子供の頃、食事をする際に箸渡しをしてしまって親に「箸渡しをするな!」と怒られたことは無いでしょうか?これもこの橋渡しから由来するもので、橋渡し=死者がするものということで生者には縁起が悪いからとされています。

関東と関西ではお骨上げの方法が違う

関西人がなんらかの理由で関東でお骨上げをする際は大きな骨壷に驚かれる場合が多いです。それもそのはず、実は関東と関西ではお骨上げの方法がまったく異なります。

関東式では大きめの骨壷が用意されており、そこに足から頭蓋骨まで全てを骨を職員がサポートしながら骨壷に全て収め、最後は遺骨の粉も全部集めて入れます。つまり、ご遺骨はほとんど残されていない状態になる訳です。

対して関西式では小さめの骨壷が用意されており、足から頭蓋骨までの一部分のみを収めます。つまり、関西ではご遺骨がほとんど残っている状態になる訳です。また、残ったご遺骨は供養したあとに決められた場所に埋葬されます。

この違いは明治末期に政府が火葬を推奨するようになった時にできたもの。本来は全てのご遺骨を持ち帰るように決められており、関東はこれを守って全て持ち帰り、関西は火葬場の近くで埋葬する習慣のために少ししか持ち帰らなかったと言われています。

ペット火葬後のお骨上げの方法について

お骨上げの歴史や人との相違点が分かったところで、いよいよ実際にお骨上げをする際に必要な知識についてご説明していきます。といっても、実際にはスタッフが説明してくれるため、そこまで気負う必要はありません。

それに、ペットは大切な家族の一員。知識があってもいざとなると悲しくて頭が空っぽになる…ということもあるでしょう。

あくまで事前知識として知っておきたいこととしてご覧ください。

基本はスタッフが手順を説明してくれる

大前提として、お骨上げの際はスタッフが丁寧にマナーや手順をご遺骨の状況も含めて説明してくれます。そもそも葬儀や火葬は非日常的な儀式ですし、増して死者の弔いの場で間違いが起きてしまってはいけません。それを防ぐためにも、初めての方でも分かりやすく説明してくれる訳ですね。

ですので、「お骨上げの方法とかよく分からない…失敗したらどうしよう」という方でも安心してお骨上げできます。それに、葬儀においてなにより大切なのは、「弔いたい、天国に行ってほしい」という気持ちです。

どうしたら良いか悩むより、その気持ちを忘れずに行動した方がきっとペットにも喜んでもらえますよ。

拾い上げるご遺骨には順番がある

スタッフが説明してくれる、大切なのは気持ち…と言っても土壇場で失敗するかもしれないという不安が取れない事もあるはず。そこで、これだけは覚えておきたいことを一つ、それは拾い上げる順番があるということ。これは拾う人、そして拾う部位に順番があるという意味です。

まず拾う人、これは人のお骨上げでも言えることですが、基本的に喪主や遺族など縁が強い人から先にお骨上げします。ペット火葬の場合は飼い主様や特に懐いていた方から順番に…となるでしょう。

次に拾う部位、こちらは前足、後ろ足、尻尾、大腿骨(だいたいこつ)、背骨、あばら骨、頚椎(けいつい)、顎骨(がくこつ)、頭蓋骨、喉仏の順番で骨壷に収めていきます。喉仏が最後なのは、形が座禅を組む仏様のようになっていて、体に仏様が宿っているようだからとされています。

家族ではなくスタッフがお骨上げをする場合もある

プラン内容や火葬業者にもよりますが、スタッフがお骨上げをするケースもあります。ほとんどがプラン内容によるもので、家族がお骨上げをするよりも値段が安くなる場合が多いです。安いから…ではなく、きちんと内容を確認しましょう。

もちろん、スタッフも誠心誠意を込めて大切にお骨上げをしてくれますが、やはりペットが大好きだった飼い主様やご家族の方がお骨上げした方がペットも喜ぶでしょう。やんごとなき事情でもない限り、できるだけお客様がお骨上げできるプラン内容をおすすめ致します。

ペット火葬と人の火葬とのお骨上げの違い

風習が生まれるほどの歴史を持たないペット火葬では、今日まで様々な形式、方法が試行錯誤されてきました。その結果として、人の火葬とは違う独特なお骨上げ方法が執り行われることもあります。

ここではそういったペット火葬と人の火葬におけるお骨上げの違いについて解説していきます。

箸渡しを行わないケースも多い

人のお骨上げの際は違い箸を使用してご遺骨を拾い上げて次の人に渡したり、二人一組で一緒にご遺骨を拾い上げたりします。しかし、ペットの場合はこの箸渡しを行わないケースも多いです。

理由は骨の強度やサイズの問題があるから。特にハムスターや小鳥などの小動物の場合、ご遺骨は小さくそして脆いです。箸渡しを行おうとした結果、ご遺骨が崩れてしまう危険性が高く、それを防ぐためにそもそも箸渡しをしないということにしたのです。

もちろん、動物によっては人間と大差ないかもしくはそれ以上に頑丈な骨を持っており、その場合は問題なく箸渡しを行えるため、通常通りに行われることもあります。

箸ではなくピンセットなどを使うことも

先述の理由と同じく、ご遺骨が崩れてしまうことを避けるために違い箸ではなくピンセットなどを使用して慎重にお骨上げを行うケースもあります。これはまだ歴史や風習といった類いのものがないペット火葬だからこその柔軟な発想とも捉えられますね。

人間と同じように弔いたい人の中にはピンセットを使用することを躊躇する人もいるかと思います。ですが、箸渡しをしないケースも含めてこれは飼い主様やペットのことを第一に考えた結果のお骨上げ方法であり、そのために特化した結果だとも言えます。

宗教や風習による差異が無い

これまで何度かお伝えした通り、ペット火葬というものは近年になってから生まれたもので、人間の火葬と違って歴史がありません。そのため、宗教間による違いや風習がないのも特徴の一つです。

『歴史がない』というと少し悲しいような気もしますが、言い換えれば柔軟かつ臨機応変に対応できるということでもあります。事実、飼い主様のご要望にお応えできるように、現在では様々な形式の葬儀、火葬が執り行われており、飼い主様自身で最も良いとされる形式を選ぶことができます。

飼い主様や家族にとって、そしてなによりペットにとって何が一番良いかという一点で形式を選択できることは歴史が浅いペット火葬における素晴らしい点の一つと言えます。

ペット火葬後のご遺骨から分かること

「骨が黒かったら病気?」「骨で健康状態か分かる?」この2つの疑問がよく見受けられます。ただし、あくまで都市伝説のような回答をしている業者やサイトもちらほら…。ここではご遺骨から分かること、分からないことについてご紹介していきます。

ご遺骨の黒い塊は癌腫ではない

よく「ご遺骨の○○の部分が黒かった、これは癌ではないのか?」と言う声を耳にします。これはお客様はもちろん、業者が話していることもありますがこれは根拠のないまったくのデタラメです。より具体的に言えば「ないとは言い切れないけど、必ず黒くなる訳ではない」です。

ご遺骨関連で黒と言われると、骨自体が黒かったケースと黒い塊があったケースが考えられますが、どちらのケースも正体はススや燃え残りである可能性が高いです。というのも、ペット用の火葬炉は非常に高温ではありますが、サイズの関係もあって人間用の火葬炉よりも低温で火葬します。

それに加えて、ペットのサイズや筋肉量など様々な要因で正確な温度と時間で火葬するのはかなり困難を極めます。温度が低かったり時間が短かったりすると遺体を完全に火葬できませんし、逆に温度が高かったり時間が長かったりすると骨まで灰化する危険があります。

それを防ぐためにも慎重に火葬致しますが、的確に火葬する事ができない事もよく起こります。結果として、不完全燃焼によって黒い塊が残ってしまったり、脂肪分が燃えた際のススが骨に付いたりしてしまう訳ですね。

ただし、実際に検証したデータがあるわけではないため、あくまで仮説でしかないのも事実です。癌ではないと完全に否定できないですが、病気よりは温度が少し低かったから塊が残ったのだと信じたいですね。

ご遺骨の強度から健康状態はある程度分かる

癌などの病気はご遺骨からは分かりませんが、健康状態であれば強度などによって推測できます。骨が硬かったり、丈夫だったりするとペットは健康、もしくは若かったことがわかります。反対に脆かったりスカスカだったりすると不健康だったりお年寄りだったりと推測できます。

ただし、ペットの種類やサイズによっても骨の強度は変わりますので、あくまで同種や同サイズでの比較をしましょう。

ペット火葬後のお骨上げで注意しなければいけないこと

ペットの火葬は大切な儀式ですので、注意するべき点も当然あります。愛するペットが亡くなって悲しいという気持ちは当然分かりますが、だからこそ注意点をしっかり守ってペットを天国に送ってあげましょう。

ご遺骨を拾う際は細心の注意をすること

ペットの骨は基本的に人間の骨よりも脆い事が多く、本人に自覚がなくても少し力を加えただけで崩れる事もあります。特に小動物は箸で摘むだけで崩れてしまうほど脆く、意識していても失敗することもあるほど。

最も警戒するべきは複雑な構造をしている頭蓋骨です。動物によっては箸ではなく手で持って骨壷に収めることもあるため、繊細な力加減を要します。

火葬後の状態がキレイだとやはり骨壷に収めるときもキレイなまま収めたいものです。「動物の骨は脆く崩れやすい」ということをしっかり意識してからお骨上げしましょう。

スタッフが各部位ごとの説明をする場合がある

訪問ペット火葬や個別立会火葬などのお客様だけの葬儀の場合、お骨上げの際は「ここは大腿骨です、そこは背骨です」というように骨の部位について説明してくれることが多いです。

先述した通り、骨壷に収める順番は骨の部位によって決められているため、スタッフの説明を聞かないと順番を間違えてしまうかもしれません。大切なペットが亡くなって悲しい気持ちは当然あるかと思いますが、ペットを送り出すためにもスタッフの説明には耳を傾けるようにしましょう。

火葬方法によってはお骨上げが出来ないものもある

合同火葬など複数のペットを一緒に火葬する場合は骨も一緒になってしまうためお骨上げができません。また、そういった火葬方法だと、お骨上げ以外でも骨壷や納骨など、火葬後の供養もできない場合がほとんどです(火葬後のご遺骨が他のお客様のペットと混ざってしまうため)。

また、個別火葬や訪問ペット火葬でもコースによってはお客様ではなくスタッフがお骨上げするものもあります。

ペット火葬におけるお骨上げの重要性

お骨上げは亡くなったペットが無事に天国に行けるようにお手伝いをする重要な儀式です。ただ儀式だからとお骨上げするのではなく、ペットの為にする行為だと覚えた上でお骨上げすることが大切です。

今回の記事を見て、しっかりと役割や意味を覚えた上でペットを天国へ導いてあげましょうね。