ペットを火葬した後の骨はどうしたらいいの?

コラム

大事な家族の一員であるペットが亡くなった際、現代ではほとんどの人が人間と同じように火葬して弔います。しかし、火葬後に残った遺骨はどうすれば良いのか知っていますか?「素敵な景色のところで埋葬したい」「一緒のお墓に入りたい」など、様々な考えがあるかと思いますが、実際にそんなことができるのでしょうか。

今回はペットを火葬したあとの遺骨はどのようにするのかを解説していきます。

ペットを火葬した後のお骨の行方

ペットを火葬した場合、必ず遺骨が残ります。そのお骨は、いわば「ペットが生きた証」とも呼べるもの。しっかりと供養しなければいけません。供養の方法は主に「納骨」「散骨」「手元供養」の3つがあり、その中から飼い主様の意向で選びます。

それぞれの方法について、具体的な概要を見ていきましょう。

霊園や納骨堂に納骨する

ペットを供養する方法として、最もスタンダードといえるのが霊園や納骨堂にて納骨して貰う方法です。この場合、火葬後にすぐ納骨するのか、一回返骨してもらってから改めて納骨するのかは自由です。気持ちの踏ん切りがついたタイミングで納骨してもらいましょう。

また、一部の納骨堂やお墓では人間と一緒に入れるようにしてくれている場所もあります。大切な家族として、亡くなった後は一緒のお墓に入りたいと考えているなら、このような場所があることも視野に入れておきましょう。

海や山などに散骨する

あまりメジャーとは呼べないものの、密かに需要があるのがこの散骨と呼ばれる方法。文字通り「自然に還る」という意味合いから、人間に限らず動物全体の自然な行いの一つとも言えるやり方ですが、一方できちんと手順を踏まなければ警察のお世話になる可能性もあります。

詳しい内容は後述しますが、手順さえ踏めば基本的にどこに散骨してもよいため、生前ペットが気に入っていた思い出の場所やきれいな景色が見れる場所などに散骨してあげるとペットも天国でお気に入りの場所に巡り会えるかもしれませんね。

自宅で保管する(手元供養)

納骨、散骨、いずれも行わないで自宅や身の回りで保管することを手元供養と言い、近年では最も需要が高いとされています。実はペットのみならず人間であっても手元供養はOKとされており、「ずっと一緒に居たい」というごく当たり前の感情からこの方法を取られる飼い主様も多いです。

また、ずっと手元に置くのではなく四十九日や一周忌などのタイミングまで自宅に置いておきたい、気持ちの整理が付くまで一緒に居たいという方が一時的に手元供養を選択することもあります。ただし、きちんとした保管をしなければカビが生えてしまうため、保管方法には注意が必要です。また、厳密には供養に入らないことも要注意。

霊園や納骨堂に納骨する場合

前項で遺骨をどのように供養するのかを解説しましたが、3つのうち自分はどれが良いのか決めかねている人もいるかと思います。まして、供養というものはした後で変更できるものではなく、また気軽に行うものでもありません。家族として、最も適切な方法で弔うためにも、ここからは1つずつ深く見ていきます。

最初は最もスタンダードな納骨する場合です。

納骨するのに決まったタイミングはない

この見出しをみて、「納骨って火葬した後すぐにするものじゃないの?」と思った方も多いのではないでしょうか?実際、霊園や火葬業者では「返骨するか納骨するか」を聞かれますし、返骨すると自分でなんとかしなければいけないと思ってしまっても仕方ありません。

しかし実際は、返骨したあとも好きなタイミングで納骨できます。特に「四十九日などの決まった日にち」や「気持ちの整理がついた時」を選択したい場合は一度返骨してもらい、その後に霊園や納骨堂に依頼して納骨してもらうことができます。どこで納骨するか、気持ちの整理の時間、考えたいことがあった場合は焦らず一旦返骨してもらってからじっくり考えましょう。

納骨する場合の費用について

納骨する場合、ほとんどが霊園や納骨堂などの施設で納骨することになりますが、当然費用がかかります。具体的な費用は各施設で異なってきますが、おおよその相場は下記のようになります。

・ペット用の納骨堂
個別
販売価格 20,000〜300,000円
管理費用 4,000〜30,000円

合祀
販売価格 5,000〜30,000円円
管理費用 無料〜4,000円

・人間と一緒に入れる納骨堂
販売価格 500,000〜800,000円
管理費用 15,000~18,000円

・霊園
販売価格 10,000〜400,000円
管理費用 10,000〜20,000円

・人間と一緒に入れるお墓
販売価格 1,000,000〜2,500,000円
管理費用 3,000~10,000円

結構値段にバラつきがありますね。これは場所の広さや個別供養と永代供養などによって費用が大きく変わるため。また、販売価格が安くても、別途で費用がかかったり、管理費が高額なケースもあるので、長い期間を考えて選んだ方が良いでしょう。

納骨する場合の注意点

納骨する際は以下のことに留意しておく必要があります。
・合同火葬の場合は返骨されず、合同供養塔などに納骨される
・返骨後に納骨する場合、一般的には費用が高くなる
・自治体による火葬の場合、返骨されず「遺骨=廃棄物」として扱われるケースが多い

納骨をご検討の方は上記のことを覚えておくことが大切です。特に、合同火葬や自治体による火葬の場合は自分で納骨すること自体不可能なケースが当たり前になります。納骨する場合は必ず個別火葬しましょう。

ペット火葬後に散骨する場合

続いては散骨する場合についてです。古くは奈良時代には日本に伝わっていたとされ、「自然に還りたい」という願いが集約された方法といっても良いでしょう。特に近年では映画「あなたへ」での亡くなった主人公の妻からの手紙「故郷の海に散骨して欲しい」から始まる物語に影響されて散骨を希望する人が増えてきました。

そして、散骨は人のみならずペットを供養する方法としても知られる供養方法です。それでは、散骨について深く見ていきましょう。

散骨は法律上問題はない

まず、散骨は法律上問題ないのかという根本に関わる疑問を解決していきましょう。結論から言えば条件こそあれど基本的には問題ありません。「あなたへ」で登場した海洋散骨から山での散骨、自宅の庭での散骨まで幅広い場所で散骨してもOKとなっています。

ただし、後の項目でもまとめますがいくつか条件があります。まず前提として、粉骨すること、近隣に迷惑をかけないこと、所有地の場合は許可を得ることが絶対条件です。これにはそれぞれ理由があり、それらについてもあとで解説しますが、いずれも警察のお世話になりかねない重大事項なのでしっかりと遵守しましょう。

散骨できる場所

前項でも触れましたが、基本的に散骨する場所は自由です。メジャーなところで言えば海、山、庭、空などが挙げられますね。また近年では宇宙葬も徐々にできるようになってきており、2019年にはカリフォルニア州で世界初のネコの宇宙葬が執り行われました。

思い出の場所や自宅の庭、きれいな景色など素敵な場所に思い出と一緒に還してあげましょう。それがいつか木々など新たな生命の芽吹きに繋がります。

散骨する上での注意点

最初の方で、「粉骨すること」「近隣に迷惑をかけないこと」「所有地の場合は許可を得ること」が絶対条件だと説明しました。それぞれの理由について説明していきます。

・粉骨
粉骨しなければいけない理由は「自然に還るまでの期間が長くなるから」と「なんらかの理由で掘り起こされた場合の配慮」です。よくバラエティやニュースなどでも古代の骨が発見されたなんて話を聞きますよね、あれと同じで形状が残っていると本来の目的である「自然に還す」ことが非常に長い期間経たないと果たせなくなります。

また、たとえば野生の動物や子供が掘り起こしてしまった場合は大騒ぎになりかねませんし、そのまま警察沙汰にもなりえます。そうならないように、散骨する前に粉骨することは忘れずに。

・近隣への配慮
自分の庭でも、思い出の場所でもとにかく近隣住民への配慮は怠らないのがマナーです。たとえば、「近くの家の庭には骨が埋まってる」とか「公園で骨を埋めている人が居た」なんてことがあったら周りの人はどう思うでしょうか?きっと事情はどうあれ、気味が悪いでしょう。人の骨かもしれないと通報されてしまう危険もあります。

散骨する際は必ず近隣住民に迷惑がかからないよう、了承を得たり時間に配慮しましょう。

・所有地の場合
単純に、了承を得ずに散骨した場合は違反行為に該当します。これは土地に限らず、海でも同じことが言えますね。具体的には漁業権や海水浴ができる範囲での散骨は禁止されています。また、それ以外でも法律や自治体によって禁止されている場所も意外と多くあるため、散骨する前に入念に調べておきましょう。

ペット火葬後に手元供養する場合

最後に、最も需要が高いとされている手元供養についてお話していきたいと思います。手元供養は人間でも行う人が多く、ペットとずっと一緒にいたいという思いがあるのも当然です。一方で保管方法を間違えるとカビが生えたり、気持ち的な意味でも安易におすすめできない面があるのが実情です。

良いところも悪いところもしっかり理解して、悔いのない選択をしましょう。

自宅で手元供養したい人は多い

火葬したのち、返骨をご希望の飼い主様の中にはそのまま手元供養する人もいます。実際、弊社のお客様にも手元供養をする方は多いです。単純に一緒に居たいからという理由以外にも、費用面や環境面(自宅の近くに納骨堂や霊園がない)という理由で手元供養を選ぶことも。

粉骨してアクセサリーに入れたり、オシャレな骨壷に入れて保管するなど一口に手元供養といってもその形は様々です。

手元供養をする際に発生する問題点

手元供養のメリットは言うまでもなく、ずっと一緒に居られることと費用面での負担が少ないことです。では逆に問題点はあるのかというお話ですが、残念ながらいくつか出てしまいます。

1つ目はご家族との折り合いです。いくらペットとはいえ、骨を自宅に置いておくことを心良く思わない人は少なくありません。それは単純に気味が悪いからなどではなく、「ちゃんと納骨などで供養してあげたい」という良心からが多いものです。手元供養をする場合は親族間でよく話し合いましょう。

2つ目は紛失する可能性、こちらの方が重要かもしれません。これは単純にどこに置いたのかを忘れたり、骨壷を落としてしまったりなどもそうですが、もっと深刻なのが火事や地震などの災害時です。保管場所や方法などはこれらのことを考慮してしっかり考えましょう。

3つ目は飼い主様がなんらかの理由で遺骨を管理するのが難しくなった場合です。これはご自身になにかがあった場合、骨壷をどうするのかを身内や管理人に任せることになるなどで負担をかけてしまう恐れがあるからです。事前に身内などに骨壷をどのようにして欲しいかを連絡しておくと良いでしょう。

手元供養する場合の注意点

手元供養する場合はカビを防ぐため、湿気が少ない風通しの良い場所に置くことや完全に密封した容器に入れることが大切です。骨壷は大切に保管したいあまり、棚の奥などに入れがちですが、それは保管場所としては厳禁。できるだけ、人が出入りするリビングなどの風の通り道がある場所で保管しましょう。

また、結露にも要注意。直射日光が当たる場所に置いておくと、外と入れ物の間に温度差が生じて結露が発生し、その水分からカビが発生してしまいます。

ペットの遺骨をどうするかは自分の気持ちとよく向き合ってから!

ここまで火葬後のペットの遺骨の行方について解説してきましたが、最も大切なのはご自身がどうしたいのかをきちんと理解しておくことです。一緒に居たいのか、気持ちの踏ん切りを付けるために納骨するのかなど、気持ちが落ち着いてからゆっくり考えることが大切です。

どのような方法でも、重要なのは「供養して天国で幸せに暮らして欲しい」という気持ちです。どうかそれを忘れずに、思いやりをもって決断してください。