夏の時期ペットが亡くなってペット火葬はいつ行うのがいいのですか?何日ぐらい家族と一緒に居ても大丈夫ですか?

ペット コラム

夏場の時期、急にペットが亡くなってどの様に安置すればいいか?とよくお問い合わせをいただきます。

天国への扉ペットメモリアル郡山のホームページにはペットの安置方法を記載させて頂いてはおります。こちらではもう少し詳しくご説明させて頂きます。

ペット葬儀、ペット火葬はいつ行いのがいいの?

まず、私どもがご案内してます、ペット火葬はご家族様のご自宅まで伺う「ペットの訪問火葬」と言われるものです。
その中で以下の様なお問い合わせを頂きます。
「人間の葬儀の様に友引を避けた方がいいの?」
「1~2日は一緒に居たいから、その後でもいいですか?」
という様なご質問をよくお受けします。

ペットの場合、人間の様な葬儀のルールが特に無いのです。その様な理由で特に友引を避けた方がいいというのはありません。
ご家族様が気になる様であれば、私どもはお勧めしておりません。
ですので、「ご家族様の気持ちが一番」と私どもは考えております。
ご説明さえていただく時は、「もし友引でお気になる様でしたら、別の日程で行いますか?」という様にご提案させて頂いております。
「亡くなったその日にペット火葬はちょっと・・・」
とおっしゃる方もいらっしゃいます。

お仕事などで都合がつかない時は、その日に行うご家族様もいらっしゃいます。
また、過去には1週間後にペット火葬をされたご家族様もいらっしゃいました。
これは、1日でも長くペットと一緒に居たいというご家族様のご意向で、1週間後のペット火葬になりました。

愛するペットが急に亡くなったとしたら尚更の事です。気持ちの整理をつけるというのはとても辛いですよね。
何日ぐらい置いておくのがいいのか?というのはご家族様それぞれになってきますので、何日が正解とは言い難いのです。
もし、どの様に決めればいいか迷われてるのでしたら、私どものフリーダイヤル、もしくはメール、LINEにてご連絡ください。ご家族のお気持ちの寄り添ってお手伝いさせて頂きます。

ペット火葬する前にどの様に安置するのがいいの?

ペットが亡くなったらその後から腐敗が進み硬直も始まります。可愛そうですが、これは致し方ありません。
安置方法をご説明する前に、まずはペットをブラッシングして下さい。
ぬるま湯等で湿らせたタオルで、お顔や口などを綺麗にしてあげましょう。

それでは、ペットの安置方法を詳しくご説明します。
まず、用意する物です。
・保冷剤
・バスタオル、シーツ
・ダンボール

保冷剤は腐敗の進行を遅らす為に使います。
お腹や脇の下に置いてください。
保冷剤をビニール袋を入れてそれをタオルで包んでください。
お腹、背中、首元などに置いてあげてください。
ちなみに、以前ご依頼頂いたご家族様では、発泡スチロールの箱にペットを入れて、ドライアイスで冷やされてました。この時は1週間ぐらい安置されてましたが、殆ど匂いとかは無かったです。

バスタオル、シーツ
これは、ご遺体の下や周りに敷いて下さい。体液がでてくる場合もありますので、その場合カーゼや脱脂綿、ペット用のおむつなどを使って下さい。

ダンボール
こちらは、ペットを安置する時にお使いする物ですので、普段から使ってるペット用のベッドがあればそれを使って頂いても結構です。

以上が、ペットの安置方法です。

夏場のペットの安置方法は何に気をつけたらいいの?

ペットが亡くなって気になるのが、「腐敗」と「臭い」です。
まずは、腐敗の進行を抑える事で、臭いも和らぐかと思います。
その為、保冷剤をまめに交換して、場合によってはバスタオルやシーツを交換して頂くのもいいと思います。
ドライアイスやアイスノンの様な物を使うと長く冷やしてくれるので、こちらはとても有効です。

この様な保冷剤はお腹や脇の下あたりに入れるのがよろしいかと思います。

この様な保冷剤は、一番下に敷いてその上にバスタオルなどを敷いてペットを乗せるのがよろしいかと思います。

夏場は、1~2日後のペット火葬をお勧めしますが、ご家族様のお気持ちと、ご都合が優先されると思います。
また、私どももなるべくご家族様の予定に沿うようにお伺いさせて頂く様にしております。この辺もお電話でご相談頂ければ、ご説明させて頂きます。

保冷剤が用意できません

もし、保冷剤が用意できない場合はどうするか?
氷をビニール袋に入れて水が漏れない様に2枚重ねをして口をきつく縛ってください。
万が一水が漏れてもいい様にタオルを多めに使う様にして下さい。
そしてなるべく、涼しい場所で安置して下さい。

安置ができたら、ご家族様で話かけてみて下さい

以上が、ペットの安置方法です。
ペット葬儀当日を向かえるまでの時間、ご家族様でペットに話しかけてやってみて下さい。
亡くなったペットからはもちろん何の反応はありませんが、話しかける事によってきっとご家族様の気持ちが落ち着くかと思います。

ペット火葬のお問い合わせは、落ち着いてお電話お掛け下さい

私どもは、ペットの訪問火葬 天国への扉ペットメモリアル郡山です。
フリーダイヤル:0120-57-4307
24時間いつでも対応しております。まずは落ち着いてお電話をお掛けください。