ペットロスから立ち直る方法〜悲しみを乗り越えるためにできること

ペットロス

ペットロスから立ち直る方法は、人それぞれ。最愛のペットを失ったツラさや悲しみからいつになったら解放されるのか、終わりが見えないと感じる方も多いでしょう。

たくさんの愛情を注いできた飼い主にとって、家族の一員であるペットとのお別れはとても悲しい体験です。

そんなペットロスから立ち直るために大切なことは「悲しい気持ちを受け入れること」。いつか笑ってペットの思い出話をする日が来るまで、たくさん泣いていいのです。

この記事では「ペットロス」についてや、ペットロスから立ち直る方法についてご紹介します。

ペットロスとは「喪失体験」のこと

ペットロスとは、最愛のペットを失った「喪失体験」のことを言います。

飼い主にとって、何年も一緒に暮らし可愛がっていたペットとのお別れはすごく苦しく悲しい体験で、立ち直るのには長い時間がかかることもあります。

ペットロスは精神的な不調だけでなく、身体的な症状も引き起こします。食欲不振・過食、不眠、吐き気、腹痛、頭痛、めまい、倦怠感など、悲しみによって体のバランスが崩れてしまうのです。

ペットを我が子のように可愛がり、いつも安心や深い癒しを得ていた人ほどペットロスのショックは大きいもの。しかしペットロスは、しっかりと感情に向き合って対処すれば必ず立ち直れるものでもあります。

ペットロスから立ち直る方法

そんな「ペットロス」から立ち直る方法は人によって異なります。飼い主全員にとって正しい悲しみ方はなく、すぐに気持ちの整理がつく方もいれば、何ヶ月も悲しみから抜け出せない方もいるのです。ゆっくり、自分のペースでペットロスから立ち直りましょう。

ここではおすすめのペットロスから立ち直る方法をご紹介します。

「悲しみの5段階」をたどる

悲しみを乗り越えるとき、人は自然に「悲しみの5段階」をたどると言われています。

この「悲しみの5段階」について知り、あなたが今どの段階にいるのかを知ると、ペットロスから立ち直る道筋が見えてくるかもしれません。

第一段階:否認

第一段階は「否認」です。

「愛犬ともう会えないなんてウソだ」「まさかうちの子がいなくなるはずがない」と、ペットとのお別れを信じられない段階です。ショックを受け、放心状態に陥ることもあるでしょう。

「否認」の段階では、大きな精神的ショックから心を守ろうとする人間の防衛本能が働いています。ここからゆっくりと現実を受け入れていき、ペットロスから立ち直るプロセスが始まるのです。

第二段階:怒り・罪悪感

「否認」の次は「怒り・罪悪感」です。

「なんでうちの子が」「もっと獣医師ができたことはあったはず」などとどこかに怒りをぶつけてしまいます。この怒りが自分に向くと「あのとき私が目を離していなければまだ生きていたはず」と、後悔や自責の念に苛まれることもあるのです。

罪悪感となり「生前〇〇してあげられなかった」「もっとお散歩に連れて行ってあげればよかった」などの後悔をしてしまう時期でもあります。

この段階では、あなたが愛情を注いできたあの子は誰のことも責めてないはず、ということを思い出しましょう。

第三段階:取引

「怒り・罪悪感」の次は「取引」という段階に入ります。

「〇〇するからどうか生き返って」「朝起きたら生き返っていますように」などと、なんとかしてペットを取り戻そうとする段階です。何かに救いを求めないと、悲しみに溺れそうになってしまう時期。

仕事や趣味などに打ち込みあえて忙しくすることで、ペットについて考える時間を減らすと気が紛れるかもしれません。

第四段階:抑うつ

第四段階は「抑うつ」です。

「抑うつ」の段階では、ペットとのお別れが現実と理解できるようになり、塞ぎ込み、落ち込んでしまいます。何もやる気が起きず、絶望的な気持ちになることもあるでしょう。

この状態のときは、休めるだけ休んで、周りを気にせずにあなたの気持ちに向き合うのがおすすめ。とても悲しいけれど「抑うつ」状態にあるということは悲しみの5段階の最後のステップまで来ている証拠です。

第五段階:受容・回復

「抑うつ」の次は「受容・回復」。

現実を受け入れることで徐々に悲しみが薄れ、日常生活を楽しめるようになってきます。笑ってペットの思い出話をできるようになるでしょう。

もちろんペットのことを忘れたわけではありません。悲しみから立ち直り、悲しい思い出ではなく、たくさんある楽しい思い出に集中できるようになったのです。幸せに毎日を過ごす飼い主を見たら、ペットもきっと嬉しいはず。

同じ体験をした人と話す

ペットロスから立ち直る方法として「同じ体験をした人と話す」ことも有効です。

ペットロスは、ペットを飼ったことがない人に理解されにくいという特徴があります。周りの友人や家族と価値観が合わないと「泣く」「落ち込む」「話す」などして気持ちを発散できず、我慢してしまう飼い主も多いのです。

気持ちを我慢することは一時的な悲しみの回避にはなりますが、ペットロスの苦しみが長引いてしまう原因にもなります。

同じ体験をした人と話すと、悲しみを共有でき、辛い気持ちを癒すきっかけになります。考えの整理にもつながるでしょう。もし友人や家族、同僚にペットロスを体験したことがある人がいない場合は、カウンセラーに話したり、ブログや日記などで気持ちを書き出したりするのもおすすめです。

ペットのものを整理する

またペットのものを整理することが、ペットロスから立ち直るきっかけになることもあります。

楽しい思い出を思い出しながら一つ一つ丁寧に整理していくと、気持ちにも整理がつきやすくなるのです。

ペットの形見を探し、アクセサリーとして身に付けたり小物として飾ったりすることもできます。ペットがずっと一緒にいてくれるように感じられ、ペットロスを癒してくれるかもしれません。

たくさん泣いて、たくさん休もう

ペットロスから立ち直る方法は人によります。でも「たくさん泣いて、たくさん休む」ことはどんな飼い主にとっても大切。

気持ちに正面から向き合い、自然の流れに任せて悲しみを克服するのがいちばんです。ペットロスを無視して気持ちを押し込んでしまうとトラウマのような形で長引いてしまうため、泣きたいときに思いっきり泣きましょう。

泣くと苦痛の解消につながるということは科学的にも証明されています。涙と一緒にストレス物質を体外に流し出せるのです。涙は我慢せずに流すのが、科学的にも正解。

あなたの最愛のペットは、たくさんの思い出を通して、天国からもきっとあなたを笑わせて幸せにしてくれます。

あなたのペットは、ペットロスで悲しんでいる飼い主を見て「こんなに想ってくれてありがとう」「でもまた笑っているところが見たいな」と思っているはず。たくさん泣いてたくさん休んで、ペットロスから立ち直ったら、また笑ってペットの思い出話ができる日が来るでしょう。