ゴミと同じ扱いは避ける

コラム

動物愛護法が動物が死んでからのことを想定していないため、火葬・埋葬業者の同法での規制ができないのが現状であり、改正論議の論点になっています。

動物と人間の関係は単純ではない。

家族同様に大事にされ、死んだあとも丁寧に弔われるペットがいる一方で、そうでない動物が大量に存在するのが現代消費社会です。

その中で、ペットの訪問火葬はご家族に寄り添いご家族と一緒に静かにご供養できる

一つの選択肢ではないでしょうか?

 

24時間受付
フリーダイヤル0120-57-4307
福島全域をカバー
ペット火葬 郡山