犬は雨の日でも散歩すべき?散歩する時の注意点について

雨の日に犬の散歩は必要? コラム

雨の日は人間も外に出歩きたくないものですが、犬にとってはどうなのでしょうか?

好き嫌いでいけばそれこそ個々によって異なるとしか言いようがないのですが、散歩の必要性ともなれば話は変わってきます。人間の娯楽がゲームや漫画であるのなら、犬にとっては散歩がそれに当たります。雨だから散歩ができないともなればストレスは溜まる一方ですし、健康面から見てもあまりよい状態ではありません。

 

でももし犬が雨を嫌っていたら……豪雨や雷雨でとても外に出られない日が続いたら……もしそうなった場合はそれに応じた訓練や対策をする必要が出てきます。

 

今回は雨の日でも散歩が必要なのか、散歩に行けない場合はどのような対策をしたら良いのかについて解説していきます。

1雨の日でも犬の散歩は必要なのか?

犬は散歩が大好き。これは良く聞く話ですし、実際に散歩は犬にとって一番楽しい時間帯なのでしょう。でも、もし今日が雨の日だったら……?もしかしたら犬は雨を嫌って散歩を拒否してしまうかも。果たして、雨の日でも犬の散歩はした方が良いのでしょうか?

 

ここでは雨の日に散歩するメリットとデメリットについて解説します。

1.1愛犬のサイズによって異なる

結論から言ってしまうと、雨の日でも【中〜大型犬】は散歩した方が良いです。犬のサイズによって一日に必要な運動量は異なっており、基本的には中型犬以降の犬は室内の運動だけでは足りません。もちろん、犬が走り回れるだけの屋根付きの庭やお部屋があればそちらで運動させることはできますし、同じ理由で室内で遊べる施設に行くのもおすすめです。

 

逆に小型犬は室内で遊ぶだけでも十分な運動量を確保できるため、わざわざ雨の日に散歩する理由はありません。しかし、例えば梅雨時など常に雨の日が続いている場合は、ストレス発散も兼ねて時々散歩に出かけた方が良いでしょう。雷や土砂降りなど明らかに危ない天気の日は避け、なるべく雨が弱い時間帯を狙って散歩することも忘れずに。

 

とにかくここで大切なのは、散歩は犬にとってストレス解消と運動量の確保の観点から非常に重要だということ。小型犬を除き、軽い雨程度であればなるべく外にでかけた方が良いです。

1.2雨の日でも散歩するメリット

当たり前ですが、特殊な例外を除いて雨の日だからこそのメリットというものは存在しません。基本である【運動量の確保】【ストレス解消】の2点が満たされることこそが重要なのです。先述したように、中型犬以降の犬の運動量は到底家の中だけで賄えるものではありませんし、ずっと雨だからと散歩しないとストレスも溜まる一方です。

 

また、これはメリットというべきかどうかは分かりませんが、躾け次第では外でしか排泄を促せない犬も少なくありません。今後のことも考慮するとなるべく室内でも排泄できるようにしておくことが最善ですが、緊急時の際は外で排泄してすぐに家に戻るなどの方法も必要になるでしょう。

 

先ほど、特殊な例外を除いてと言いましたが、その特殊な例外とは【災害訓練】のこと。災害の多くは雨や台風によるもの、つまり避難時は雨天であることが非常に多いです。日ごろから雨に慣れさせておくと、いざという時にサッと避難できるため、ある程度は訓練させておきましょう。

1.3雨の日に散歩するデメリット

ここまでなるべく雨の日でも散歩した方が良いという方向性でお話してきましたが、やはり雨の日ならではのデメリットもそれなりに多いのが現状です。その中でも最も危険かつ大いにあり得るのが【濡れることで風邪をひく】【肉球が損傷する】この2点でしょう。

 

犬も我々と同じ生き物ですから、雨に濡れると当然身体が冷えてしまいます。また、車のタイヤが水をはねたり、水たまりに入ってしまったなどの理由で泥が付着すると細菌が細かな傷から入ってしまう事も考えられます。肉球も雨に濡れるとふやけるため、普段はなんともない砂や小石でケガをしてしまう可能性があります。そこに泥水が入ってしまったら……考えるだけで恐ろしいですよね。

 

ただし、この2点は対策をすることで簡単に対処できます。こと犬の散歩に限れば、雨の日は危ないから散歩しないのではなく、雨の日は危ないからちゃんと準備して出かけようという考え方が重要なのです。

2雨の日に犬の散歩をする際の注意点

雨が弱い時間帯を狙って散歩することは基本として、それ以外にもいくつか注意しておかなければならない事があります。自分や飼い犬のことはもちろん、歩行者など他の人にも配慮して散歩しましょう。

 

ここでは雨の日に散歩するならしておきたい準備や意識することについて解説します。

2.1レインコートなどの雨具を着させよう

レインコートなどの雨具を着させよう

前項で雨の日の散歩の危険性を説明しましたが、対策はとても単純かつ簡単です。要は濡れなければ良い訳ですから、犬用のレインコートや靴を着用させれば雨で濡れるのを防げます。もちろん、100%完全に雨を防げるわけではありません。泥や水たまりは避け、散歩コースを変えたり、距離を少し短めにすることも大切です。また帰ったら、アフターケアもしっかり行いましょう。

 

ただ、靴は犬のサイズに適したものを選ばないと、身体を圧迫させてしまうという点には注意。

また、犬用の傘を使う際は周りに十分配慮してください。

2.2飼い主側が傘を差す場合

「雨に濡れると可哀想……」という理由から、上から傘を差してあげる飼い主もいると思います。愛犬を想う気持ちはとても素晴らしいですが、正直なところこれはあまりおすすめできません。基本的には雨具を着させるだけで十分です。

 

というのも、まず人の肩幅あたりから傘を差したとしても犬に当たる雨の量はさほど変わりません。雨は風向きによっては斜めからも降りますし、大きい犬なら傘から頭やお尻がはみ出てしまうでしょう。だからといって少し下から差したとしても飼い主が濡れてしまっては意味がありませんし、歩行者に迷惑が掛かる場合があります。

3雨の日に散歩できない時の対策

雨の日に散歩できない時の対策

どうしても犬が雨を嫌っている場合や、豪雨や雷の日は散歩できないため、その他のことで運動量を確保することになります。家具でケガをさせないように注意することはもちろんですが、避難時などもしもの時に備えたしつけも行っていった方が良いでしょう。

 

ここでは雨の日に散歩できない時に行ってほしいことについて解説します。

3.1犬が嫌がっている時は

愛犬がどうしても雨を嫌がっているときは無理に散歩しない方が良いでしょう。ストレス発散のためにお外に出ることが重要なのに、散歩そのものがストレスを溜める要因になるわけにはいきませんから。ただし、雨嫌いを徐々に克服させていく事は必要です。

 

小雨程度であれば家の付近を軽く散歩する、庭で遊ばせるなどして少しずつ雨に対する耐性を身につけさせましょう。最初のうちは10分未満程度、慣れてきたら時間を伸ばしたり、家から少し離れたところまで散歩させます。

 

これは中型犬や大型犬はもちろんですが、小型犬であっても必要になってきます。散歩しないとストレスが溜まる……だけど雨の日の散歩は嫌だ……と八方塞がりになることが一番危険ですから。災害時などの非常時のためにも、雨嫌いは早めに克服させましょう。

3.2散歩できない時のトイレ

外でしか排泄できない子の場合は小雨の時を見計らって外にサッと出かけてサッと帰る必要がありますが、そもそも外でしかできない現状を変える方が手っ取り早いですし今後のためにも大切です。ただし、子犬の時期に躾けをさせるならともかく、成犬や老犬になってからのトイレ訓練はある程度の期間を要することは覚悟しておきましょう。

 

トイレの躾け方法はドッグトレーナーによって多少異なりますが、基本は【始めはゲージにトイレを設置する】【トイレの際は合図を決める】この2点は必ず推奨されます。またトレーナーによっては、トイレをするまでゲージから出さない方が良いという意見も良く聞きますね。

 

成犬以降は自分なりのトイレの仕方が完全に定着してしまっているため、上記以外の対策も必要になってきます。枝や葉で外を再現する、粗相をしても怒らないなど根気よくトイレトレーニングを行っていきましょう。

3.3散歩しない時は家の中で出来る運動をしよう

大雨や雷が一日中続いている場合は流石に散歩には行けませんが、その場合は家でできる運動をいつもより多くして少しでも足りない運動量を補完する必要があります。小型犬はボール遊びや縄遊びでも問題ありませんが、難しいのはやはりサイズの大きい犬。

 

部屋の大きさにもよりますが、完全に犬を運動させるための専用の部屋を作る方が良いでしょう。それが不可能な場合は屋内設備があるドッグランなどを利用することになります。自分で犬用のルームランナーを購入するのも手ですが、ある程度の品質を保ちつつ大型犬対応のものとなれば20万円以上は掛かってしまうため、あまり現実的ではありません。

4雨の日でも散歩した方が良い場面が多い

室内でできる対策はあくまで少しでも運動量を確保するためのものであって、補えるものではありません。中型犬や大型犬ならばなおさらでしょう。雨の日でも散歩はした方が良いことを前提に、どうしても散歩できない時の対処としての方法だということは忘れないでください。

 

また再三申し上げてた通り、災害時など緊急時においては雨の日でも外に避難すべき場面が訪れます。もしもの時の避難訓練という意味でも雨に慣れさせておくことに越したことはありません。