愛猫が熱中症にかからないための対策と、もしもの時の応急処置の方法

猫も熱中症になる? コラム

これから暑くなるにつれて、私達人間もペットも熱中症に気をつけなければいけません。当然、猫を飼っている飼い主様もこれからの夏に備えて熱中症対策をしていく必要があります。

 

自然界で生きる事が当たり前だった彼らはあまり弱みを見せず、一見するとなんともないように思えてしまい、熱中症に気が付かないということもありえます。愛猫のために、しっかりと熱中症に対する知識を学んでいきましょう。

 

今回は猫の熱中症に関する知識や、熱中症対策について解説していきます。

1猫も熱中症になるのか?

冒頭でも少し触れましたが、猫は熱中症になります。ところが、猫が中々弱みを見せないこともあって、「そもそも猫は熱中症にならないのでは?」「熱中症になったらどうなるの?」と疑問に思っている方も少なくないようです。

 

ここでは、猫が熱中症になったらどうなるのかについて解説します。

1.1猫が熱中症になるのは何度から?

人間が熱中症になるリスクが高くなるのは28℃以上と言われていますが、猫の場合は約30℃以上からとされることが多いです。一見すると猫は暑さに強いと思うかもしれませんが、そもそも猫の適温は26℃前後ですので、実際にはそこまで暑さに強いとは言えません。また、これはあくまで目安であり、30℃以下でも熱中症になることもあります。

 

特に高齢期に入った老猫や毛が長い猫は暑さに弱いことも多いため、特に気温には気をつけましょう。「まだそこまで暑くないから」とエアコンを渋ったり、扇風機やサーキュレーターを付けなかったりしているとあっという間に熱中症にかかってしまう恐れがあります。電気代も気になるところですが、愛猫のためにも気温管理は徹底しましょう。

1.2猫は熱中症になりにくいって本当?

猫は犬に比べて熱中症になっているのかが、しばしば「猫は熱中症になりにくい」と勘違いされています。しかし、前項でもお話したように、実際には猫も熱中症になりますし、最悪の場合死んでしまうこともあります。では、具体的になぜ熱中症かどうかの判断がしづらいのかについて見ていきましょう。

 

人は暑くなると衣服を薄くしたり、アイスを食べたりなど自発的に体温を調節しやすいですよね。犬も暑くなると舌を出すことで口の中の水分を蒸発させ、気化熱で体温を調節します(パンティング)。一方で、猫はパンティングはしませんし、そもそも口呼吸をあまりしません。代わりに、体をなめることで体温を調節します。

猫の熱中症の見分け方

 

このなめるという動作が暑がっているという認識があまり広く知られておらず、キレイ好きな猫が毛並みを整えているだけだと勘違いされがち。猫がはぁはぁと口呼吸する時は既に熱中症になっていることが多いのです。猫が暑がっているかどうかは、このなめるという動作に注目して判断しましょう。

1.3猫が熱中症になったら起きる症状

猫の熱中症は人間とは少し違う症状が起こることが多く、悪化すると死に至ることもある非常に危険な状態です。猫の熱中症の症状を軽度、中度、重度の3段階に分けて見ていきましょう。

 

まずは軽度、熱中症になった直後の状態ですね。この状態になると普段は行わない口呼吸をするようになったり、よだれを垂らすなど明らかに暑がります。また体温も上昇しており、肛門での測定の場合、平時では38℃程度なのに対し、熱中症になると39℃以上になります。

 

次に中度、熱中症がひどくなると、下痢や嘔吐など体調の悪さがひどくなります。他にも、体が震えだしたり、運動不調に陥るなど見た目的にもかなり危ない状態だとすぐに分かるレベルになります。体温も上昇し、肛門での測定では40℃にまで達することがあるようです。

 

最後に重度の場合ですが、ここまでくるとけいれんや意識の消失など命に関わる段階に突入します。この状態になるまでには、なんとしても動物病院に向かってください。

2猫が熱中症にならないための対策

前項で分かったように猫も熱中症になりますし、重症化してしまった命に関わるほど危険な状態にもなります。熱中症になったら早急に動物病院に診察しに行く必要がありますが、そもそも熱中症にならないようにするのが一番大切です。

 

ここでは猫が熱中症にならないための対策について解説します。

2,1エアコンによる温度管理

熱くなるにつれてエアコンの重要性は増してきますが、ペットを飼っているのであればそれこそためらいなく使用していかなければいけません。ただし、便利なエアコンも設定温度を調節しなければ、逆に猫にとって寒い環境になってしまう恐れがあるため、常に最適な温度になるように設定しておきましょう。

 

猫にとって最適な温度はおよそ25〜28℃ですが、考慮しなくてはいけないのが空気の流れ。人間よりも床との距離が近い猫は、設定温度よりも少し空気が冷たい環境にいます。可能であれば、猫がいつもいる場所に温度計を設置し、温度計の室温を参考にエアコンの設定温度を調節しましょう。

2,2水分補給の重要性

猫の水分補給の重要性

水分補給は誰にとっても重要です。怠れば熱中症のリスクがあるほか、様々な病気を誘発しかねません。一方で、猫は他の動物と比較してもあまり水を飲みたがらず、古くから「猫は水が嫌い」と言われてきました。

 

理由は諸説ありますが、祖先が砂漠に生息していたころの名残という説が濃厚のようです。しかし、だからといって水を飲まなくても大丈夫というわけではありません。水分不足は身体の不調に繋がりますし、全体の水分量の10%〜20%を失えば命に関わります。

 

もし猫が水を飲まない場合、【器が気に入らない】【場所が気に入らない】【水の状態が悪い】という線が考えられます。水を飲む器はひげが水に濡れないように平たい器を、水飲み場は複数設置して、常に新鮮な水を飲めるようにしましょう。それでも飲まない、ぐったりしている場合は病気の可能性がありますので、動物病院で受診してください。

2,3風通しを良くする

エアコンで室温調整をしても、空気がうまく循環しなくては意味がないですよね。扇風機やサーキュレーターを使って空気を循環させ、全体が涼しくなるようにしましょう。ただし、扇風機やサーキュレーターそのものに【空気を冷たくする】効果はありません。

 

これらはあくまで部屋の空気を回しているだけですので、直接猫の身体に当たるような配置は避けてください。空気の循環がうまくできなくなる可能性がある他、長時間風に当たると体調不良の原因になります。また、特に扇風機を配置する時は猫が飛びかかって壊してしまわないように、カバーを付けたり、転倒防止用のストッパーを付けたりしましょう。

 

猫を留守番させる時は扇風機やサーキュレーターにぶつかってしまったり、停電になる危険性も考慮しなくてはいけません。もし長時間外出するのであれば、避難場所や電気を使用しなくても涼しくなる場所を用意してください。

3猫が熱中症になった時の対処法

猫が熱中症にならないように対策するのはもちろん重要ですが、もしも熱中症にかかってしまった時の対処法を学んでおくのも重要です。動物病院で診察するにしても、一刻を争う事態の場合は応急処置を施す必要もあります。

 

ここでは猫が暑がっている時に見せるサインと、応急処置の方法について解説します。

3.1暑がっているのサイン

言葉を話せない愛猫の体調管理は、その身体に出るサインを見分けることが肝要です。水分補給をあまりしない、弱みを見せることがあまりない猫は、暑がっている時のサインも少々見つけづらいですが、しっかりとサインを覚えていざとなった時にすぐに変化を見つけられるようになりましょう。それでは、猫が暑いと感じる時によく見るサインについて見ていきます。

 

猫が暑がっているサイン、それはクルージングの頻度です。猫が毛を自分の舌で整えることをクルージングと呼ぶのですが、その頻度があまりに多い場合は毛を整えているのではなく、舌で舐めることで毛を濡らし、気化熱で体温を調節しようとしている可能性が高いです。その他にも、お腹を上にして寝ている、元気や食欲がない場合は夏バテしてる危険性があります。

3.2応急処置のやり方

もし愛猫が熱中症になってしまったら、一番の対応策は動物病院の診察を受けに行くことですが、状況によっては応急処置を施す必要もあります。屋外の場合は猫を日陰に移動させ、次のような応急処置をしましょう。

 

まず保冷剤をタオルやガーゼで巻いたものを、猫の首や脇などの太い血管が通っている場所に当てて冷やします。次に濡れたタオルで身体をくるみ、全体を冷やします。猫の体温によってはすぐに温くなることもあるので、その時は再びタオルを冷たい水で濡らして、またくるむを繰り返してください。水分補給を行う際は、焦っていきなり飲ませるのではなくゆっくりと少しずつ飲ませるようにしましょう。

 

上記の手順で身体を冷やしつつ、動物病院に連絡を入れてひとまずの応急処置は完了です。ただし、身体を冷やし過ぎてもいけません。体温が39℃を下回るようであれば冷やしすぎなため、すぐに応急処置を中断してください。不安な場合は動物病院に連絡し、応急処理の方法を聞きながら行うことをおすすめします。

4まとめ

熱中症は度々人間でも重度の症状が出るとニュースになる危険な状態ですが、一方で熱中症の恐ろしさは思ったよりも認知されていない印象もあります。人間の場合は水分補給と日陰、いざとなったら応急処置の方法もしっかりと周知されていることが理由でしょう。しかし、ペットの熱中症事件は後を絶たないのも事実。

 

特に、買い物にペットを連れていき、車で待たせている間に熱中症になった……など、飼い主の不手際でペットの命を危険に晒したケースが非常に多いです。飼い主にその気がなくとも、ペットは飼い主の想像以上に過酷な環境に身を置かれているかもしれないということを意識しましょう。

 

動物は私達と同じ言語を話すわけではありませんし、私達がしっかりと対処しなければ熱中症で命を落とすことだってあります。猫に限らず、熱中症にならないための環境作り、熱中症の早期発見、もしもの時の応急処置の方法をしっかりと覚えましょう。今回の記事で解説した、猫の熱中症に対する知識が少しでもお役に立てれば幸いです。