犬が水道水を飲んでも大丈夫?安全な水と駄目な水の違い

犬が水を飲んでいる コラム

水分補給は動物にとって最も重要であるとされ、遭難などの緊急時では食事よりも重視されています。軽い脱水状態ですら日常生活に支障をきたしますし、重度では命に関わることも……。もちろん、犬にとってもそれは同じですが、ペットの場合は飼い主様が欠かさずボウルに水を入れてあげることが主な水分補給手段です。

 

さてこの飼い主様が入れる水、皆様は何を与えていますか?人間にとって健康的な物が犬にとっても健康的である保証はありません。ペットが自分の意志で水を選べない以上、飼い主様も自分の視点ではなく、犬の視点になって正しい水の知識を身に着けましょう。

 

今回は犬にとっての水の重要性や与えても良い水、悪い水について解説していきます。

 

1犬の水分補給の重要性

犬の水分補給

犬にとって、水分補給できる場所は限られてきます。しかし脱水の危険は人間よりも重く、中度の脱水症状が原因で命を落とすケースも見られるほど。自分の意思だけで無限に水を飲めないからこそ、飼い主側が水の重要性を理解しなければいけません。

 

ここでは、水分補給の重要性や適切な水分量について解説します。

1.1犬の脱水は一年中起こりえる

脱水症と聞くと、夏場や少し詳しい方だと冬場※1によく起こると感じる方も多いのではないでしょうか。確かに最も件数が多くなるのはその2つですが、実際は一年中脱水症の危険があります。もともと犬は体全体が地面と近く、地面の熱の影響を受けやすいため、私達が少しでも熱いと感じているなら犬はそれ以上に熱く感じていることでしょう。

 

また夏以外での脱水症の原因の多くは飼い主側にもあります。「夏場は暑いから水を飲まなきゃ」と意識することもあり、そういった意味ではある種夏場の方が安全かもしれません。一方で夏場以外、特に秋頃になると喉の乾きを実感しにくいため、ペットの脱水にも意識が向かなくなってしまうのです。

 

特にシニア犬は水の摂取量そのものが少なくなっているため、普段どおりに水を置いてたとしても気がついたら脱水に陥っていることも……。季節問わず、人間もペットも定期的な水分補給を忘れないようにしましょう。

 

※1 冬は汗が出にくく、またコタツや暖房の影響で気が付かない間に水分を失っていることが多いため、いわゆる隠れ脱水になりやすい。

1.2犬の適切な水分量

犬の適切な水分量は体重1㎏当たり50〜60ml程度です。もちろん、運動量や季節などの影響で多少前後しますが、基本はこれに合わせて水分補給をさせましょう。また、体重1㎏当たり90mlを超えるほどの水を飲んでいる場合は糖尿病などの病気の危険があるので、その場合は一度病院で診察してください。

 

特に多飲多尿の場合はその時点で腎臓にかなりのダメージを抱えているケースが多く、初期段階ではその他の症状が見られないため、「なんか水をよく飲んでいるなぁ」と軽く見られがちです。脱水症にならないように水分補給をさせることも大切ですが、逆に飲みすぎている場合も危険ですので、注意しましょう。

2犬が飲んでも良い水とは?

水は水といっても、含有成分によって様々な種類があります。当然その中には犬に与えても良い水もあれば、逆になんらかの病気を引き起こしかねない危険な水も存在します。ただ、詳しいことは後述しますがある程度気をつけていれば、そこまで心配する必要もありません。

 

ここでは犬が飲んでも問題ない水について解説します。

2.1一番衛生的に良いのは水道水

水道水

結論から先に述べますが、基本的には水道水を飲ませるのが一番安全です。意外に思われる方も多いでしょうが、こと日本において一番衛生的に安全なのは水道水なのです。その安全の正体は普段皆様があまり良い印象を抱いていないカルキ臭……というよりその臭いの元となっている塩素にあります。

 

そもそも私達が普段利用している蛇口から出る水は、浄水場で沈殿、ろ過、消毒が行われているとてもきれいな水です。そこに更に塩素を加えることで、水の中にある病原菌やウイルスを殺菌することで安全安心に飲める水になっています。

 

塩素は水に残留して殺菌効果を維持するため、ボウルに入れた後も一定時間であればきれいな状態を維持できます。犬にあげる水は基本的にボウルに常に溜めておくため、汚れていない状態であれば、水道水が一番適していることになります。ただし、詳しくは後の項目でお話しますが、【硬水の水道水】は与えてはいけません。

 

ちなみに、もしカルキ臭のせいで犬が水を飲まない場合は煮沸することでカルキ臭を抜くことができます。当然そのまま出すと熱いので、ちゃんと冷ましてからボウルに入れてあげてくださいね。

2.3犬用の経口補水液も状況によっては可

犬が嘔吐や熱中症などで脱水の危険がある場合は犬用の経口補水液も効果的です。また、人間用の経口補水液も塩分濃度がやや高い程度で主要成分はほぼ変わらないため、薄めて飲ませる分には大丈夫です。ただし、いずれにしても常飲させるのではなく、あくまで緊急時等の場合にのみ選択肢に入れる程度にしておきましょう。

 

また、食欲不振などの影響で水を飲まない場合は経口補水液ではなく、栄養価が高く水分補給も兼ねられるウェットフードの方が効果的です。

3犬が飲んではいけない水

先の項目でお話したように、基本的には水道水を与えておけば問題はありません。しかし、なんらかの事情で水道が機能していない場合は必然的にそれ以外の水を与えることになるでしょう。

 

ここでは犬が飲んではいけない水について解説します。

3.1ミネラルウォーター

人間が飲む分にはむしろ健康的なイメージのあるミネラルウォーターですが、犬に与えるべきではありません。ミネラルウォーターにはカルシウムやマグネシウム等、各種ミネラル成分が含まれており、量によっては尿結石を引き起こしてしまう原因となります。犬と人間では負担となるラインも当然異なるため、私達と同じ感覚で飲ませてはいけません。

 

もちろん、ミネラルウォーターの全てが駄目というわけではありません。特に日本のミネラルウォーターは軟水であることが多く、その場合は特に問題ないことが多いです。とはいえ、逆に考えれば【軟水のミネラルウォーター限定】【軟水の水道水は安全】という条件がある以上、わざわざ水道水ではなくミネラルウォーターにする理由もないでしょう。

 

あくまで水道が使えない状態の時に候補に入れておく程度が無難です。

3.2硬水

硬水とは分かりやすく言えばミネラルが多く含まれている(硬度)水のこと。要はミネラルウォーターと同様に、尿結石の原因となる可能性があるので控えてくださいということですが、注意したいのは一部の地域では水道水も硬水ということです。

 

自分の住んでいる地域の水が軟水なのか硬水なのかは水道局に問い合わせれば分かります。因みに、人間であっても体質的に合わない人は下痢等の症状が現れることがありますので、お腹が弱い人は旅行する時などに念の為調べておいたほうが良いかもしれません。

3.3その他人間用の飲み物

ここまで解説したことも総合して、基本的には人間が飲むことを想定された飲料水は避けましょう。糖分や塩分などが人間用に調節されているため、犬に限らず動物には有害になる危険性が高いです。物によっては犬が飲んでも問題ない水もあるとは思いますが、いちいち調べるのも手間がかかるということと、安全性を確約できるものでもありません。

 

想定外のトラブルを避ける意味でも、与えるのであればペット用の飲料水のみに止めておきましょう。

4安全な水で脱水から犬を守ろう!

水は生きていくために欠かせないものですが、時として有害になることもあります。放置してしまえば腐ってしまいますし、病原菌も繁殖します。水道水も安全とは言いましたが、塩素の効果がなくなれば殺菌作用も失いますし、犬の毛やよだれが入り込んだ水は取り替える必要もあります。

 

ミネラルウォーターも水道水(軟水)があれば優先するものでもないと言いましたが、絶対に駄目というわけではありませんし、水道が使えない状態ならむしろ必要となることもあります。「水道水だから安全」「ミネラルウォーターは危険」と極端な思考にならず、含有成分や水の汚れ、その時の状況などあらゆるケースに応じて臨機応変に対応しましょう。