ペットに保険っていらない?メリットやデメリットを詳しく解説

コラム

ペットを飼っている飼い主様の中でも、意外と知られていないペット保険。人間であれば、ほとんどの人がなんらかの保険に入っていたり、保険証を提示する事で3割負担で治療を受けられたりします。

しかし、動物には公的な医療保険がないため、いざ高額な治療費を請求されたとしても、全額自己負担になってしまうのです。加入していれば、高額な請求をされたとしても安心。しかし一方で、「勿体無い」と考えている人も少なからずいるでしょう。

そこで今回は『ペット保険が今後必要になる理由』『メリットとデメリット』『選び方』について解説していきます。

ペット保険が今後必要になるかもしれない理由

保険は万が一の時のためにも必要…と言われてもいまいちピンと来ない人もいるのではないでしょうか。実際、少し前まではペット専用に貯金して、何かあった時はその貯金から医療費を支払う人が大半でした。しかし、近年の背景を考慮すると、貯金では完璧に対策できなくなってしまう可能性が高いです。

ここでは『ペット保険が今後必要になる理由』を寿命と医療費の2つを中心に解説していきます。

ペットの寿命が年々延びている

ペットを飼っている人の中には「昔と比べて犬や猫も長く生きられるようになったなぁ…」と思っている方もいるのではないでしょうか?実は動物の寿命はここ数十年で急激に伸びています。メジャーな部類では、犬や猫の現在の平均寿命は10年以上ですが、30年ほど前は7年生きられたら上々と言えるほど短命でした。

近年になって寿命が伸びてきた理由は主に『専用フードの普及』と『医療技術の発展』が挙げられます。

現在、ほとんどの動物にはそれぞれに対応した専用のフードが売られており、また飼い主様も積極的に購入しています。しかし、60年代ほどの頃はそんな物はごく僅かしかなく、飼い主様全体で20〜30%ほどしか購入出来なかったと言われています。

医療技術も、現在では動物病院の数も激増しており、「うちの子の体調が急に悪くなった」なんて時でもすぐに病院に行けるようになりました。また、レントゲンや超音波などの設備や各種検査も人間と変わらないくらい充実していますし、健康診断だって出来ます。

愛犬や愛猫がいつまでも健康に過ごせる時代になってきたということですね。

ペットの医療費は年間5万〜10万ほど

動物の平均寿命が伸びていること、医療技術が発展していること、これらは当然良いニュースではありますが、一方で医療費も年々高額化しています。長寿化と言っても、不老になったわけではありませんので、必然的に病院に通う回数も増えているのです。

ペットの医療費は一ヶ月でおよそ8,000円〜10,000円ほど、年間で50,000〜100,000円ほど掛かると言われています。仮に15歳まで生きられたとしたら、およそ750,000〜1,500,000円が医療費として使われることになります。

もちろん、ペットのためなら医療費を払うことを躊躇うことはないでしょうが…流石に高いと思う人も多いでしょう。腎機能障害などの大きな病気や怪我によっては治療に約30万円ほど掛かってしまうこともあります。動物も人間も、いつどこで怪我をしたり病気になったりするか分かりません。不意に高額な医療費を支払うことになる可能性だってあるのです。それを最小限に留めること、それこそがペット保険の役割であり真髄です。

ペット保険のメリット

ペット保険が必要になるかもしれない…ということは前項でお話した通りです。少しでもペ興味が出てきたのなら次のステップ、『メリットとデメリット』について解説していこうと思います。

まず初めに解説するのはメリットについてです。

高額な医療費に備えることが出来る

保険に入る目的はなによりも急な医療費に対する対策です。ペット保険では殆どの場合、全額の70%や50%などの割合プランか、入院や通院1日ごとに保証してくれる定額プランの2種類があります。

例えば、犬の白内障の治療費は大体30万ほどと言われていますが、70%プランの場合は21万円の保険金が支払われるため、飼い主様は残りの9万円を支払うことになります。定額プランは割合ではないため、ここまで高額な負担はできませんが、限度額以内なら100%補償してくれるものもあるので、軽い怪我や風邪などの回数が多くなりそうな通院の料金を負担してくれます。

後にも詳しく説明しますが、どちらを選んだとしてもいざとなった時に強力な助っ人になってくれるというわけですね。

損害賠償金の補償などの特約

特約とは『通常のプラン内容に加えて、有料または無料で付加される内容』です。早い話がオプションのことで、特約では損害賠償金に対するものが主になります。

ペットが他人の車やモノを壊してしまった時や、他の人の子とケンカして怪我を負わせてしまった時などに限度額以内で保険金が降ります。また、この保険金の中には弁護士費用なども含まれます。

ただし、実はこの内容…火災保険や自動車保険の内容と重複してしまう内容がほとんどです。また、対応してくれる範囲や限度額もこれらのほうが優れていますので、加入している方はペット保険での特約を付ける必要はありません。仮に付けても、保険金を重複して貰えるわけではないので、実質無駄になってしまいます。

逆に各種保険内容と重複していない場合は選択肢に入るでしょう。

飼い主が安心できる

先述したとおり、ペットに掛かる医療費は決して安くありません。飼い主様を不安にさせたいわけではないですが、いざという時に治療費を払えないと取り返しのつかない事態になってしまうことだってありえるのです。『転ばぬ先の杖』と言いますし、そんな状態になる前にペット保険に加入していると、それだけで安心できるもの。

「そんなものがあること自体知らなかった」なんて飼い主様もいますが、それによって後悔するなんてことがあってはなりません。もちろん最終的に決めるのは飼い主様ですが、安全に投資するお金と思って加入してみてはいかがでしょうか。

ペット保険のデメリット

ここだけ聞くと一見素晴らしいものですが、何もメリットだけではありません。お金を掛けている以上、良い所だけを見るわけにもいかないですし、ここからはデメリットについても解説していきます。

ただ、デメリットと言っても『あそこが悪い』というようなものではなく、どちらかと言えば『加入するに当たって留意すること』という意味合いが強いです。

ペット保険に掛けたお金は戻ってこない

何かあった時には便利な保険ですが、一方で常に健康状態のまま過ごした場合、保険に掛けたお金は完全に無駄になります。と、いうのも保険には基本的にお金が戻ってこない『掛け捨てタイプ』と、お金が戻ってくる『貯蓄タイプ』の2種類があるのですが、ペット保険は掛け捨てタイプがほとんどです。

他の掛け捨てタイプでは定期保険なども当てはまりますね。ただし、掛け捨てタイプは貯蓄タイプと比べても保険料が安く設定されています。そのため、特に若い世代や、反対に定年退職された年配の方などに需要があると言われています。

貯蓄タイプは将来の安全への貯金、掛け捨てタイプは安全を買っているという考え方が必要になってくる訳ですね。それに、無駄になると言っても、向こう10年ほど健康状態でいるなんて事はほぼありえないですし、そう考えると総合的な出費は安く済む場合がほとんど。

この掛け捨てタイプのメリットやデメリットを理解しないまま、「お金がただ無駄になるから要らない」と考えている人が一定数いるようです。他にも、保険料は加齢によって高額になっていくのも要因の一つでしょう。月額サービスのようなものだと考え、初めから安全のために買っているのだと思う事が大事です。

プラン内容によっては保証されないものもある

加入するプラン内容によって、補償される病気や怪我が変わってきます。そのため、せっかく加入したのに、肝心な時に保険金が降りない…なんて事になる可能性もあります。また、先天性(生まれつき持っている病気)や予防接種によって防げる病気に関しては対象外の場合が多いです。

去勢や歯石除去などの怪我や病気ではないもの、トリミング代やホテル代などの治療費外の出費も同様に適用されません。原則『予防できるもの、病気や怪我に分類されないもの、先天性のもの』の3種類は適用されないものと考えましょう。

詳しい補償内容は個々のプラン内容に記載されていますので、興味がある会社のホームページなどを参考にしてみるのが最良です。その上で、全てが補償される訳ではないということだけ念頭に置いておきましょう。

治療費の補償は全額ではない場合も多い

先程もちらっと記述しましたが、治療費の補償には割合タイプと定額タイプがあります。ここで重要なのは、『割合タイプには100%補償がない』ことと『定額タイプは1日の限度額が設定されている』ということ。つまり、割合タイプはどうあっても全額負担はされませんし、定額タイプでも高額な治療費に関しては限界があります。

とはいえ、補償してくれる事に変わりはありません。そして、ちょっとした事でも「保険に入っているんだし、診てもらおう」と思う事で、ペットにも負担をかけないまま病気の早期発見、早期治療に繋がると考えれば、十分に意味があります。

『全額補償されない場合も多いが、結果的に出費が安く済む場合も多い』というのがペット保険です。

ペット保険のおすすめの選び方

ペット保険のメリットとデメリットについてはご理解いただけたかと思います。ここからは本格的に、加入しようとしている飼い主様向けの解説になっていきます。

保険…と一口にいっても色々な保険会社が多種多様なプランを用意しています。自分好みのプランが選べる一方、どのプランに加入したら良いのか戸惑うかもしれません。

ここでは『選び方』を解説していきます。

補償内容と限度額

ペット保険において重要なのは『補償内容』と『限度額』です。当然、補償内容や限度額が優れているほど、月々の保険料は高額になってきます。また、割合タイプと定額タイプ双方のメリットやデメリットを理解しておく事も大切です。

・割合タイプのメリット
日数や回数による制限がない場合が多いです。また治療内容を問わず割合で保険金が支払われるため、特に高額な治療費に対して効力を発揮します。

・割合タイプのデメリット
限度額が低く設定されている場合が多く、限度額を超えてしまった後は全て自己負担になってしまいます。また、100%補償ではないため、例え治療費が安く済んでも必ず自分で支払う分が出てきます。

・定額タイプのメリット
割合タイプよりも限度額が高く設定されている場合が多いです。また、100%補償のプランもあり、治療費が少額の場合は自己負担無しで済む事もあります。

・定額タイプのデメリット
通院または入院日数、手術回数によってそれぞれ上限が設けられており、治療費が高額の場合自分で支払う分は割合タイプよりも多くなります。

総合すると、『大きな事故や病気に備えたい人は割合タイプ』、『ちょっとした病気や怪我に備えたい人は定額タイプ』がそれぞれおすすめです。

加齢によって上がる料金の推移

「月々の保険料が安いからこれに加入しよう」と思っている飼い主様、少しだけ待ってください。ペット保険では加齢によって月々の保険料がより高額になっていきます。1歳ぐらいの時は800円程度でも、10歳を越えたあたりでは3,000円ほどにまで膨れ上がるプランも少なくありません。

また、反対に幼少期から保険料が1,000円以上掛かる代わりに、老年期に入っても保険料が2,000円程度で済む…なんてプランもあります。どちらが良いかはあくまで内容によりけりではありますが、加入した時の年齢とその後の料金の推移は大事な参考材料の一つです。

ペット保険に入る時に気をつけること

ペット保険に入る際、必ず気をつけるべき事があります。中には契約違反とされて、契約が解除されてしまったり、保険金が降りなくなってしまうようなものも…。

ここではそんなアクシデントを防ぐために、加入する時に気をつけなくてはいけないことについて解説していきます。

加入するペットは若くて健康でなければならない

まず、ペット保険とは『若いうちから不意の怪我や病気に備える』ことが第一です。そのため、生後数日後には保険に加入できるほど下幅が広い一方、7〜8歳前後未満である事が条件になる事が多くなります。また、同様の理由と保険金の不正受給防止の観点から、健康体である事も必須です。

保険に加入する時は、必ず以下の内容を告知する必要があります。

・過去にかかった特定の病気や怪我の有無(主に心疾患やヘルニアなどの重いもの)
・現在、治療中または経過観察中の病気や怪我の有無
・過去数カ月以内(3ヶ月以内が多い)に予防以外の目的で動物病院に通ったかどうか

これら3つはどの保険でも聞かれますので、正直にお答え下さい。告知内容を元に、無条件で加入、条件付き(特約付きなど)で加入、加入拒否のいずれかに分類されます。もし告知内容に不備不正があった場合、『告知義務違反』として即時契約解除、並びにいかなる理由であっても保険金を受給できません。

また、契約を解約した後に新たに新契約を結ぶ際も、同様の告知をする義務が生じます。

加入後すぐは補償されない

初年度契約では、病気を発症したとしても保険金が支払われない『待機期間』があります。待機期間は一概には言えませんが、30日程度のものが多いです。これは、『加入した時には病気が発症していたケース』を防ぐためのもの。そのため怪我については原則、待機期間が設けられていません。

また、保険金請求書を送ってすぐにお金が振り込まれるわけではなく、20日程度かかります。ただし、もし書類に不備があったりすると20日以上かかってしまうこともあるので、請求書の内容は正確に。

その他に注意する点としては、20日以降…いわゆる下旬に申し込んだ場合、保険開始日が翌々月にズレる場合もあります。加入する際はなるべく月の初めあたりに契約する準備を進めておくことをおすすめします。

終身タイプでも更新は必要

ペット保険にも終身タイプと更新タイプの2種類がありますが、ペット保険における終身タイプは人間のそれとは異なります。具体的には、例え終身タイプであっても年ごとに更新が必要です。

中には、契約後に起きた病気や怪我を理由に、更新を断ったり、補償対象から外したりする悪徳業者も存在します。原則病気持ちや怪我がある動物はほとんど加入対象外になってしまうので、最悪の場合無保険になってしまうことも…。

契約する際は終身タイプだからと安心せずに、事前に保険会社の評判を調べたり、契約内容を細かく確認するなどの対策をしましょう。

ペットに死亡保険はない

ペット保険はあくまで、病気や怪我に対する補償しかなく、死亡保険はありません。これは法律上、ペットは物として見られてしまうため、保険金目当てでペットを殺してしまうことを防ぐためと考えられています。

ただし、火葬費用に関しては補償してくれる特約もあります。その場合は『死亡診断書』『火葬証明書』などの各種書類が必要になります。

※弊社、天国への扉ペットメモリアル都山では、火葬証明書の発行をしています。もしご必要の場合は、お申し付け下さい。

不意の事故や病気に備えよう

「保険なんて必要ない、そんなものはお金の無駄」と切り捨て、高額な医療費を自己負担してしまって後悔する…なんて事態には誰だってなりたくありません。なにより、もし支払えない事を理由に満足な治療を受けられなかった場合、今後の生活にも影響します。

事故や病気の中には、気をつけてたって回避できないものは沢山あります。急な医療費にも対応できるように、小さい時からペット保険に加入して、もしもの時に備えるようにしましょう。