自宅で簡単に出来るペットの健康管理、チェックの方法!

コラム

「うちの子の様子が何かおかしい?」と思ったことはありませんか?1日2日だけならまだしも、長く行動や身体に違和感があるようなら病気や怪我の可能性が高いです。そのまま放置していると取り返しが付かないことになるかもしれません…。

今回はそんな事にならないように、ペットの健康管理、チェックの方法について解説していきます。

ペットの健康チェックの前に事前知識を学ぶ

ペットの健康を考える前に、改めて現在のペット事情について学んでおきましょう。背景をより深く理解することで、一つの命に対して更に真摯に向き合えるかと思います。特に、これから詳しく説明しますが、近代になってペットたちを取り巻く環境が大きく変わりました。嬉しいニュースがある一方、光が強くなったがゆえの影のような課題もまたあります。

ここでは、『事前知識』について解説していきます。

ペットは年々寿命が伸びていってる

まず、飼い主様もペットも嬉しいニュースです。実はここ数年間、ペットの平均寿命が急激に伸びています。例えば犬の平均寿命は10年間で0.7歳、猫は0.5歳伸びており、これは人間で例えると3〜5歳くらいだそうで、何とも驚きです。

近年は栄養バランスが考えられている専用ペットフードも多く、また栄養だけでなく美味しさも考慮されているためか、ペットも積極的に食べてくれます。食事は健康において一番重要な部分。そこを改善できるだけでも長寿化に貢献していると言って良いでしょう。

後述しますが、医療技術の進歩も大きな影響を与えています。

医療施設は人間と比較しても遜色なし

当たり前といえば当たり前ですが、人間がここまで健康でいられるのは医療技術の進化が大きいです。しかし一方で、設備や動物病院の数などが要因で、数十年前はペットに対する効果的な治療が出来ない事が多かったのも事実でした。

現在では、動物病院の数は急激に増えています。農林水産省が統計しているデータによると、2011年の小動物用の動物病院の数は10,551だったのに対して、2020年では12,247にまで増加。また、獣医師の方々も年々増えています。

更に、医療技術そのものも大きく向上しており、レントゲンや超音波、各種診断など最早人間と比較してもさして変わらないほど高水準に至っています。

地域によって動物病院の格差が大きい、獣医師全体のレベルの底上げが必要など、まだまだ課題は多いですが、全体的にみると昔よりも遥かに良くなっていると言えるでしょう。

ペットの長寿化が嬉しい一方で…

ペットの長寿化、医療技術の進歩…確かに嬉しい事ではありますが、それに伴って老年期に入ったペットに対する個人の対応力もまた求められるようになりました。特に、動物というのは信頼できる飼い主であってもなかなか弱みを見せません。

また、高水準な医療技術には高額な医療費という問題もついて回ります。ペット保険など、医療費を負担してくれるものもありますが、天井知らずとも言える高額な医療費の前にはどうしても自己負担額も大きくなってしまいます。

人間と同じ言葉を発せない動物達は、自身の延命処置や緩和ケアを全て飼い主様に任せるしかないのも、長寿化によって起きるセンシティブな話題の一つでしょう。命あるペットへの対応を、より慎重に行わなければいけない時代でもあるのです。

ペットの健康管理!基礎編

まず始めに、ペットの健康管理について解説してきいます。普段の過ごし方は、人間であってもペットであっても本質は同じです。毎日バランスの良い食事をとり、よく動き、よく寝る!

しかし、人間社会に長く身を置いている我々はともかく、ペットにとってそれは当たり前では無いことも少なくありません。だからこそ、飼い主様がしっかりサポートすることが大切です。

ここでは、ペットの健康のためにできる基礎的な知識について学んでいきましょう。

ペットのご飯は専用ペットフードが基本

皆様はペットのご飯、いつも何を食べさせていますか?ペットフードの他にも、おやつとして刺し身や干し肉などを与えている人も多いでしょう。もちろん、おやつ程度であれば過度に与えなければ健康に支障はありませんが、それらが主食になっては危ないです。

動物の種類によって、日々に必要な栄養価は大きくことなります。それに、年齢や健康状態によって食事の仕方も変わってくるなど、我々が思っている以上に動物の食事とはデリケートなものです。主食はあくまでペットにあった専用フードを食べさせましょう。

また、それだけではなく、本や公的機関などの信頼できるサイトで調べたり、獣医師に相談したりするなども大事です。『チョコレートや玉ねぎなどは中毒症状や最悪死に至るから絶対に駄目!』というのは勿論ご存知かと思いますが、他にも刺身や生肉などは感染症に注意。

観葉植物、殺虫剤、煙草…動物にとって害になるものは人間界には色々あります。どれがペットにとって危険なモノなのかは事前にきちんと調べておきましょう。

日常生活の些細な変化も見逃さない

後にも各編ごとに詳しく解説しますが、ペットの健康チェックにおいて『些細な変化に気づく』というのは最も肝要であるといっても過言じゃありません。「詳しくは分からないけど…なんだか今日のうちの子には違和感がある」というような微妙な変化でも、なるべくなら動物病院で検査を受けさせる事をおすすめします。

あまり連れて行くのもストレスの原因になってしまう…というのが難しい所ではありますので、ある程度獣医師から事前に注意点などを教わるのも良いですね。なんであれ、ペットの変化にはすぐ気付けるのがベストです。

病気は予防が肝

犬には狂犬病対策のワクチン接種が義務付けられている他、猫にも猫カリシウィルスなどの重篤症状になりかねない感染症対策として予防接種が強く推奨されています。人間と同様に「ペットも病気にかかったらどうしよう…」ではなく、そもそも病気にならないように予防を徹底することが大事です。

また、予防接種だけではなく、定期的な健康診断にも忘れずに行きましょう。前項にも関わってきますが、ペットは我々が想定する以上に我慢強いです。どれだけ気をつけていても、病気や怪我に気づかないなんてことも十二分に考えられますし、だからこそ予防こそが重要になってくるのです。

スマホアプリを活用する

せっかく持っているスマホを活用しない手はありません。スマホアプリの中には、ペットの健康管理をサポートしてくれるアプリも多数配信されています。

ワクチンや予防接種などの用事をタスク化して通知してくれる機能や、食事や散歩などのデータをまとめるための記録機能などが搭載されています。家族で共有できるアプリも多いため、ご家族みんなで導入してみてはいかがでしょうか。

ペットの健康管理!運動編

「健全なる精神は健全なる身体に宿る」本来の意味や歴史は現代で浸透しているものとは少し違いますが、古代の人々も『体を動かすことは良いことだ』という事は知っていました。今でも、運動することの素晴らしさは変わりません。

しかし、人間も運動不足になる現代。室内飼いされるペットも運動量が足りていないケースが多く、不健康になってしまうことも珍しくありません。お日様の元で散歩や運動をして、ペットも人間も健康的に暮らしましょう。

日光浴で元気になる

日光浴はお日様から照射されている紫外線を取り込み、ビタミンDやセロトニンを増やす行為で、今では老若男女問わず誰もがオススメされますね。

ビタミンDはカルシウムを調節してより丈夫な骨にしてくれますし、セロトニンは精神が安定して落ち着く効果を持っています。他にも、紫外線は殺菌効果があります。

実は、これは犬や猫などの動物に対しても同じ事が言えます。被毛に覆われている動物でも、完全に体毛で皮膚がシャットアウトされているわけでは無いので、人間ほどではないですが効果があります。これが、ペットの散歩は日中が好ましいと呼ばれる所以の一つ。もちろん浴びすぎは身体に毒ですが、適度な太陽光はペットが健康的に過ごす為に必要です。

肥満防止と筋肉作り

散歩も含めて、そもそも運動の本質は健全な肉体を作ることです。勿論、動物の種類や年齢、その子の体調によって運動量は大きく変わりますが、一貫して運動することそのものは健康的な生活に直結します。

特に、動物も年を取って老いてくると足を筆頭に筋肉が次第に衰えてきます。また、身体を動かさないといずれ肥満になってしまい、ヘルニアや心臓病にかかるリスクが増えてきます。

太り始めてからではなく、なるべく若いうちから積極的に散歩、もしくは室内で運動させてあげましょう。もし太っているなどの理由で身体を動かすのを嫌がっているなら、ボールやおやつなどペットの気を引かせるアイテムを利用するのがオススメです。

ストレス解消になる

天気の良い日に適度な運動をする事は、それ自体が気持ち良いこと。加えて、飼い主様とのコミュニケーションの場にも最適なため、ペットにとって最高の気分転換になります。お日様には先程記述したようにセロトニンを分泌させる効果もあるため、天気が良い日は散歩や庭で運動が最適です。

散歩する際の注意点

散歩は素晴らしい運動ですが、いくつか注意点があります。

まずは持ち物。首輪やハーネス、水分補給ができるように水分は必須、汗を拭くためのタオルも忘れずに持っていきましょう。他にも、エチケットのために袋も忘れずに。

次に地面の温度と気温、湿度などの環境面をチェック。湿度や気温が高いと脱水症や熱射病になってしまう恐れがある他、地面が熱すぎると火傷を負うことがあります。

最後にペットに異常がある場合はすぐに中断すること。少し休めば回復するようなら歩いて帰宅、そうでないなら抱えて帰宅しましょう。勿論、散歩前の健康チェックはしておくこと。

ペットの健康チェック!身体編

ここからは健康チェックについて解説していきます。やせ我慢が得意な動物たちは、飼い主様がよく観察しないと病気や怪我を教えてくれないことが多いです。身体全体をくまなくチェックして、早期発見、治療できるようにしましょう。

身体全体を触ってみる

お腹や足、背中など身体全体を細かく触っていきます。その際、どの部分がどのように正常なのか、または異常なのかを知っておくと、早い段階で病気や怪我を感知できます。お腹が張っていないか、特定の部位を触った特にペットが痛そうな反応をしていないかなど、リアクション込みで細かく観察しましょう。

例えば、ワンちゃんのお腹が張っていて、かつ食欲が無い場合は腹水の可能性があります。また、腹水の場合はなんらかの病気によって起きている可能性が高く、重いものでは心臓病や肝臓病などの内蔵系統の病気を患っていることもあります。

このように、病気も身体に対してなんらかの異常を起こしていることがほとんどです。普段からなるべくペットの身体をチェックしておきましょう。

耳や口などに異常がないか

目や耳、口などは敏感な部分なため注視していれば早い段階で異常を発見できます。よくある異常について下記にまとめましたので、健康チェックの際の参考にしてください。

・目
赤く充血している、目に異物が入っている、涙やけがひどい、痙攣している(危険)、目が赤く、下痢をしていたり呼吸が乱れている(危険)、目を痛そうにしている(危険)

・耳
臭いがある、損傷している、汚れている、黒色など明らかに異常な色の垢が出ている(危険)、飼い主の声に反応していない(危険)

・口
・ケアをしているのに臭いがある、出血している、歯垢や歯石がある、よだれが出ているのにも関わらず食欲がない、粘膜の色が異常(危険)

このように、これらの器官は比較的発見が容易なものが多い一方、最も重い異常が起こる場所でもあります。単にケアをしていれば問題ない症状もそれなりにあるので勘違いしやすいですが、「普段からきれいにしているのになぁ…」と少しでも思ったら動物病院に行くことをおすすめします。

体毛や皮膚に違和感がないか

皮膚が赤いなどの異常がないか、体毛の質感に問題がないかをチェックします。皮膚に起きる異常のほとんどは膿皮症や皮膚炎などの細菌由来が多いです。他にも、ストレスによる脱毛症、食物アレルギーなどが挙げられますね。

一部を除いて、ブラッシングやシャワーなどで身体を清潔にしていれば病気を発症するリスクはグンと下がります。普段のお手入れを欠かさず、その都度体毛や皮膚に異常が無いかチェックしていきましょう。

ペットの健康チェック!行動編

いくら我慢していても、やっぱり動物も生き物。病気や怪我をした時は、排泄や歩き方に違和感がでることも多くあります。ペットの行動はよく観察することが大切です。

排泄はしっかり出来ているか

尿や糞など、排泄行為をしっかりとできているかチェックします。また、尿であれば色や量を、糞であれな水分量(下痢など)を重点的に見ていきましょう。

多尿であれば腎臓病や糖尿病の可能性があります。この内、最も注意しなければいけないのが腎臓病です。

糖尿病も合併症の恐れがあるため危険ではあるのですが、腎臓病は血液検査では末期レベルまで進行していないと数値に異常が出ません。つまり、尿検査を怠っていると腎臓病が発見できない可能性があります。

下痢の場合は原因を突き止めることが大切です。下痢は主に、食事、ストレス、誤飲誤食、ウイルス、寄生虫、細菌、病気によって引き起こされます。食事やストレス、誤飲誤食の場合は一過性のものですので、2日ほど様子を見れば改善する事がほとんどです。

ただし、下痢の回数が多い、血便がある、やせ細っている、頻度が多いなどの場合は何らかの異常が発生している危険があります。内容によっては急激に悪化する病気もありますので、急いで動物病院で診てもらいましょう。

歩き方や行動に違和感がないか

普段と違う歩き方をしていないか、行動に違和感がないかをチェックします。体調面…というのもありますが、主に足を重点的に見てみましょう。足を引きずっていたり、後ろ足が地面に着くのを避けたりしていると何らかの異常が発生しています。

外傷や関節炎の場合がほとんどですが、腫瘍や靭帯断裂、ヘルニアなどの重い症状も考えられます。軽いものなのか重いものなのかは外傷でもない限り、見分けが付かない事も少なからずあるため、念の為動物病院に行くことをおすすめします。

また、犬などの散歩が好きな動物は、多少痛みがあっても我慢して散歩しようとします。人間にもよくある痩せ我慢ではありますが、言葉が話せない動物では気付かない事も多いでしょう。そのため、足の不調は日常生活を観察する事が大切です。

普段登ったり降りたりしている段差に近づかない、立ち上がりに違和感がある、尻尾を下げているなど、普段とは違う行動を見逃さないようにしましょう。

ペットの健康状態は常にチェックしよう

ここまで何度も記述していますが、犬や猫などの自然界で生きる動物ほど痩せ我慢が得意な生物はいません。辛そうにしていたら、他の獲物に狙われるリスクが高いからです。人間社会に馴染んでいたとしても、生存本能に逆らうことはありません。

「普段とはちょっと違うな…」という小さな違和感は、普段一緒に暮らしている飼い主様にしか分かりません。ペットの健康管理、チェックは怠らないようにしましょう。