友達や知り合いのペットが亡くなったときにかけてあげるべき言葉とは

コラム

友達や知り合いがペットを飼っていたけど、つい先日亡くなってしまった…。悲しい出来事ですが、ペットを飼う人が多くなってきた以上、決して珍しい状況ではありません。

「実は先日、うちのペットが死んじゃったの…」知り合いからそんな話を聞いたとき、貴方はどういった言葉をかけるでしょうか?恐らく、ペットを飼ったことが無い人だと、人間と動物との境目が分からず、適切な言葉が浮かばないかと思います。

しかし、大切なペットが亡くなったという時に下手な言葉を掛けて、不必要に相手の心を傷付けるような事があったら一大事です。今回は、そんな悲劇を回避するために、知り合いのペットが亡くなった時にかけるべき言葉について解説していきます。

友達や知り合いのペットが亡くなった時に意識すること

「大事に飼っていたペットが亡くなって悲しむのは当たり前だろう」と心の中では思っていても、実際にペットを飼っていた経験がない人にとってはやはり気持ちを汲み取るのは難しいもの。

生き物を飼ったことがない人にとっては相手の視点に立った場合の想像もできないため、知り合いのペットの訃報を聞いたとしても対応に戸惑うかもしれせん。それに、仮にペットを飼っていた人でも、気持ちを完全に汲みきる事が出来るとは限りません。

そこでまずは、飼い主にとってペットの重大さと実際に意識してもらいたい事についてお話します。

飼い主にとってペットは家族も同然

飼い主にとってペットは家族である…いきなりそんな事言われてもピンと来ませんよね?ですが、これはペットを飼っている人なら誰しもがそう考える事です。

ペットには命があり感情があり、飼い主への愛情もあります。そして、飼い主もまたペットへの愛情があり、幸せに暮らせるよう努力する責任があります。ペットは飼い主によって生かされていると言っても過言じゃありませんし、飼い主もペットが心の支えになったというお話はよく聞きます。

だからこそ、飼い主とペットには強い絆と信頼が生まれ、その関係性があるからこそ「家族」という言葉を使うのです。

程度の差はあれど、家族とは決して血の繋がりだけが全てではありませんし、それは人間でもそうですよね。そして、人間と同じく、命を宿した生物であるペットであっても同じこと。大事なのは、そこに深い絆と愛情があったかどうかです。

飼い主にとって、ペットにとって、双方は家族と呼ぶに相応しい相手だった。まずはその認識を持つ事が、彼らの関係性を知る第一歩になります。

自分の家族が亡くなったら…という仮定になるのか

さて、そうなるともし知り合いのペットが亡くなった時、「自分の家族が亡くなったら」と想像したらいいのか…となるかどうかは難しいものです。ペットロスとも少し関係してきますが、これは各個人の状況やペットに対する愛情の深さによって変わってくるからです。

例えば、家族の死に直面した事がない人にとって、ペットが亡くなるのは「初めて見る家族の死」と言っても差し支えないでしょう。実際、若い人ほどペットが亡くなって悲しむ度合いが強い傾向があります。それに対して、家族の死を経験した事のある人にとって、ペットの死は「家族ほどではないけど辛いこと」として認識する事が多いです。

ペットを飼っていた経験がある人同士でも、気持ちのすれ違いが起きてしまうほど、個々人の事情によって精神的ダメージは大きく変わります。

普段会話してる中でどれだけペットの話をしていたか、亡くなってどれだけ悲しんでいるかでその人がどれだけペットに対して愛情を注いでいたかが分かれば、自ずと彼らの関係性は見えてきます。

貴方は飼い主の気持ちを完璧には理解できないし、しなくていい

今までの話を総合すると、

・飼い主とペットには深い絆があり、家族と呼ぶに相応しい存在である。

・ペットを失った精神的ダメージは、個々人の環境や愛情で大きく変わる

ということが分かります。そして、最も大切なのは「貴方が飼い主の気持ちを100%理解する事はほぼ無理」だと言うこと。

やはり家族が亡くなったら…と想像するのは難しいですし、先程まとめたように精神的ダメージは個々人によって変わります。例え貴方がペットを飼っていた経験があったとしても、精神的ダメージが全く同じだとは思わない方が良いでしょう。下手に共感したフリをして同情するのは、返って逆効果です。

だけど、飼い主の「ペットを失った悲しみ」は理解できなくても、「悲しんでいる」ということ自体は理解できるはずです。自分には測れない絆があったことを前提に、知り合いが辛く悲しんでいるということだけを忘れない。

それだけで十分、知り合いに対して配慮ができていると言えます。

友達や知り合いのペットが亡くなった時にかける言葉

「悲しみの深さは理解できなくても、悲しんでいる事は理解できる」ということは先述しましたが、では具体的にどういった言葉を掛けてあげるのが正解でしょうか?

人間が亡くなった時は「ご冥福をお祈りします」など、ある程度の定型句があるものですが、果たしてペットにも使っていいのでしょうか。この項目では、ペットを失くした知り合いに対して、どんな言葉をかけるべきなのかについて解説していきます。

「お悔やみ申し上げます」や「ご冥福をお祈りします」はOK

まず大前提として、亡くなった人間に対して使う言葉はほとんどそのまま、動物が亡くなった時にも使えます。つまり、「お悔やみ申し上げます」や「ご冥福をお祈りします」を使用しても問題ありません。

知り合いにとってペットは家族も同然…というのはもちろんですが、動物とて一つの尊い命です。その命に対しての敬意や幸福を願う言葉に、人間だから…動物だから…という区別はありません。ただし、あくまで「人間にかける言葉も使用してOK」というだけであって、形式的な定型句というのは存在しません。

飼い主に寄り添った言葉であれば、基本的にはなんでも大丈夫です。ただし、相手を傷付けてしまう可能性がある言葉だけは控えましょう。

第一にペット、第二に飼い主を意識する

「お悔やみ申し上げます」「ご冥福をお祈りします」これらはある一個の共通点がありますが、なにか分かりますか?実はこの二つ、どちらとも亡くなった本人に対して発言しています。

「お悔やみ申し上げます」とは『亡くなった生命を悲しみ、弔いの言葉を申し上げます』という意味。「ご冥福をお祈りします」は『亡くなった生命が、天国で幸せになるように祈っています』という意味です。確かに、両方とも亡くなった本人に対しての言葉として受け取れますね。

このように、誰かが亡くなった時に遺族に掛けてあげる言葉は『先に故人に対しての言葉』を掛け、その後に『遺族に対して、悲しみを汲んであげる言葉』を掛けてあげるのがマナーです。ただし、口頭の場合は例外的に「御愁傷様です」と遺族の心の痛みを心配する言葉をかける事もあります。

お葬式などで「この度は御愁傷様です。心よりお悔やみ申し上げます。」などの言い回しとしてよく使用されます。ただし、御愁傷様はあくまで口頭でのみ使用し、文面では使用しませんので御注意ください。

大切なのは過剰になり過ぎず、淡白になり過ぎず

ここでポイントなのは「過剰にならず、淡白にもならない」こと。人間とペット(動物)の境目とも取れますが、お悔やみの言葉をかける際に気をつけなければいけません。亡くなったのが人間であっても、過剰に寄り添う事は遺族にとって「しばらくは放っておいてほしい」と嫌がられますし、逆に淡白過ぎると心が冷たい人だと思われます。

これがペットであったら、飼い主になった事のない人には「どのあたりまでが過剰で、どのあたりまでが淡白なのか」が分かりづらいものです。基本的には、お悔やみと慰めの言葉のみに留め、相手が話を聞いてほしそうにしていたら黙って聞いてあげる…というのが適切な対応と言えます。

心配だからと過剰に接する必要はありませんが、「たかがペットで…」と冷たい対応を取ることだけは絶対に止めましょう。

友達や知り合いのペットが亡くなった時に絶対に言ってはならない言葉

前項では、知り合いのペットが亡くなった時に掛けた方が良い言葉について解説しました。では、反対に言ってはならない言葉があるのはご存知でしょうか?

こちらは掛けた方が良い言葉よりも、より言葉を選びます。純粋に心配して掛けた言葉が相手を深く傷付けてしまう恐れがあるからです。確かに、暗黙の了解やマナーなどはありますが、実際にそういった状況に遭遇した時にそれらを把握しないまま、ふっと言葉に出でしまうこともあります。

「貴方は相手がどれだけ悲しんでいるかを完璧には理解できない。だからこそ寄り添う必要がある」ということを大前提に、掛けてはならない言葉について解説していきます。

「かわいそう」などの同情の言葉

まず最も言ってはならない言葉として「かわいそう」や「大変だったね」などの明らかに同情かつペットの事を度外視した発言が挙げられます。一見すると正しい言葉の様にも思えますが、この言葉は他人だからこそ言える言葉であり、当の本人に配慮した言葉にはなりません。

飼い主からしてみれば「知ったような口を聞くな!」となります。何度でも書きますが、『ペットを失くした痛みは当人しか分からない』です。痛みが分からないまま同情するのは侮辱とも捉えられかねません。まして、かわいそうや大変だったねという言葉は、動物を物として扱っているようにも思われてしまいます。

また、同じような意味として「頑張って」や「元気を出して」などといった言葉も、相手を傷つけてしまいます。悪気が無かったとしても、安易に同情の言葉を投げかけるのは避けましょう。

「新しいペットを飼えば良い」など、亡くなったペットを侮辱するような言葉

これは、先述した『ペットを物として見ている』にも似ていますが、所謂『どうせいなくなっても代わりを飼えばいいでしょ』という意味として捉えられます。

他にも、「これで遊べる時間が増えるね」や「今度はこれとか飼ってみない?」などの、まるでペットを替えが効く消耗品の様に扱う言葉は絶対に止めましょう。飼い主にとってペットは物ではありませんし、替えが効く物でもありません。

家族とも呼べる唯一無二の存在、それこそがペットなのです。ペットを侮辱する発言は、家族を侮辱するに等しいということを意識しましょう。

その他人間が亡くなった際に掛けてはならない言葉

先述した内容はペットならではの考えからみるNGな言葉でした。もちろん、それらも重要ですが、人が亡くなった時に掛けてはならない言葉はペットに対しても言ってはなりません。

所謂『忌み言葉』と呼ばれるもので、大まかに『不吉な言葉』『重ね言葉』『不幸が続く言葉』に分類されます。それぞれ見ていきましょう。

・不吉な言葉
不吉な言葉として代表的なのは「消える」や「落ちる」などの他、4や9も不吉な数字として扱われます。また、これらの言葉は死のみならず受験などで大事な時期にいる人に対してもNGとされる典型的な忌み言葉です。

・重ね言葉
重ね言葉として代表的なのは「重ね重ね」や「度々」など、同じ言葉が二つ以上続くような言葉は基本的に全てNG。これは死や不吉な事が連続して起きるためとされています。

・不幸が続く言葉
不幸が続く言葉として代表的なのは「再び」や「繰り返し」などの「過去にも同じ事があった」とも捉えられる言葉全般です。これも重ね言葉と同じく、死や不吉な事が連続して起きてしまうのを防ぐためです。

またこれら3つの忌み言葉以外でも、死ぬや生きているなどといった生死に関する直接的な表現は避けましょう。その他、『冥福』など宗教に関する表現も場合によっては控えるべきとされています。

友達か知り合いか〜状況別に考えるお悔やみの言葉〜

目上の人であったり、親しい友人であったり…知り合いとひと括りにしても様々な交友があります。当然、目上の人にはより丁寧に、友人であればより寄り添った優しい言葉を掛けた方が、マナーとしては適切です。

しかし、ペットは元より、知り合いの家族が亡くなった場面に遭遇しないかぎり、マナーや礼儀がよく分からないなんて人も多いはず。事前に勉強しておくことに越した事はないですが、人の死に直面した事のない人にとって、中々時間を割いてまで学ぼうとは思いません。

そこで、それぞれシチュエーションごとに適切な文や言葉を簡潔かつ分かりやすく解説していきます。最低限、これらを覚えておくだけでもいざという時に適切な言葉を掛けてあげられるでしょう。

上司など目上の人の場合

相手が目上の人の場合は、『お悔やみ申し上げます』などの形式的な言葉と共に、「無理だけはしないでください」などの言葉が適切です。親しい関係であれば別ですが、礼儀として言うべき言葉、言ってはならない言葉の区別だけは弁えて発言しましょう。

友人や知人など親しい仲の場合

相手が友人などの親しい仲だった場合、堅い表現は避け、「ペットがいなくなっても寂しいね」や「きっとペットも飼い主の事が大好きだったと思うよ」など相手に寄り添う言葉を意識しましょう。

ただし、あくまでも過度に接するのではなく、「話ならいくらでも聞くよ」とだけにするなど適切な距離感を掴んでおきましょう。一人になりたい時だって、きっとありますから。

メールなど直接話さない場合

メールなどの場合は下記に注意しつつ短めに必要な言葉だけを書くようにしましょう。

・御愁傷様と言う言葉は口頭でのみ使う言葉であり、文面で使うものではない

・ペットの天国での幸せを願う言葉→相手への心配の言葉の順で書き、最後は「なにかあれば連絡してください」や「安らかなご永眠をお祈りいたします」などで締めくくる

長く書く必要はありませんし、相手もそんなゆとりはありません。あくまで短く簡潔に、しかし淡白にならないような文章を意識してください。

友達や知り合いのペットが亡くなった時に贈る物にはなにが適切か

知り合いとの関係性にもよりますが、もしお悔やみの言葉と共になにか贈り物をしたい時はなにが適切なのでしょうか。

一般的には、お花や線香など故人を偲ぶものであれば贈り物として十分な意味を持ちます。他にも、ペットとの思い出の写真を飾るための写真立てなどでも良いでしょう。『亡くなったペットに贈るもの』と『ペットを失って悲しんでいる飼い主』の双方に対して贈り物をあげるのがベストです。

一つの尊い生命が失われたという事実を忘れないで

暗黙の了解やマナーを大切にするのはもちろんですが、何よりも大切なのは『大切な命が失われた』という事実に優劣はないということです。確かに、人が亡くなった時と比べて周りの反応はさほど大きくは無いかもしれません。飼い主であっても、状況や個人の感情次第で精神的なダメージは大きく異なるでしょう。

それでも、他者には到底推し量ることのできない悲しみを背負っているのは確かです。人間かそうじゃないかではなく、一個の命として認識し、その命が失われたという事実を大切にして傷付いた飼い主に優しく寄り添ってあげてください。