ペットの骨は人間のお墓と一緒に入れるの?宗教や法律の観点から解説

コラム

「愛するペットと一緒のお墓に入りたい」飼い主ならそんな考えを持つのはごく自然のことです。一方で、動物と人間を一緒のお墓に埋葬するということ自体がまだまだ一般化されていない行為だということをご存知でしょうか?

現に、ペットとの埋葬可と記載されている霊園はごくわずかしかありません。一見すると、ペットが普及した現代の考えから逸れたように感じますが、これは宗教や長い歴史による影響が背景にあります。

今回はペットと一緒のお墓に入ることを宗教、法律の2つの観点から見た場合の考え方と、一緒のお墓に入る方法をご紹介していきます。

※今回のお話では宗教…特に仏教の教えが絡んできます。六道輪廻の中の畜生道について触れていますが、仏教徒それぞれの思想や理念を固定、強制させる意図はありません。

ペットと一緒のお墓に入ることを宗教上の観点から見た場合

日本にはまだまだ「ペットと人間は同じお墓に入れてはならない」という風習や考えがあり、特に在職や年配の方の中には一緒にお墓に入れるのを嫌がる人も多いです。ですがこれは、古臭い考え方ではなくちゃんとした理由があるのです。

それが長年私達と共に歴史を歩んだ宗教という考え方です。まず初めに宗教上の観点から見たペット…というより動物と人間について解説していきます。少し難しいお話ですが、ペットと同じお墓に入りにくい根本的な要因なので、ぜひ読んでみてください。

日本の宗教は仏教が広く浸透している

ペット…すなわち動物を宗教の目線から語るにはまず日本の宗教の形を調べるのが早いです。

日本の宗教は他国と比べてもかなり自由に選べることもあり、仏教からキリスト教まで幅広く浸透しています。これは日本国憲法第20条にある「宗教の自由は、何人に対してもこれを保証する」と定められており、国教が定められていないことが大きな要因です。

しかし、古くから続く風習や歴史の面から神道と仏教が根強く信仰されており、現在ではこの2つが複合された神仏習合が基本となっています。因みに、仏教が日本に伝わった時から「神と仏は同一」として信仰されてきたそうです。

この歴史面での信仰が現代の日本には強く影響されており、知らず知らずの内に常識として仏教の教えが一部浸透しています。例として上げるだけでも、お正月や節分、お盆や達磨も仏教由来の習慣です。

六道輪廻から見える動物と人の違い

仏教の観点でいえば、我々人間と動物には大きな境界があり、それこそが『六道輪廻』という考え方です。アニメや漫画でも時折耳にする言葉なので、意味こそ知らずとも言葉自体は知っているという人も多いのではないでしょうか。

六道輪廻とは六道、すなわち『地獄道(じごく)・餓鬼道(がき)・畜生道(ちくしょう)・修羅道(しゅら)・人間道(にんげん)・天道(てん)』の6つの世界を生まれ変わりながら廻っていくというものです。ここから更に、天道、人間道、修羅道を三善趣、畜生道、餓鬼道、地獄道を三悪趣に分けられます。

このうち、今回のお話と関係性が深いのが畜生道です。先ほど分けた三悪趣の一つですね。生前悪行をしでかした人間が転生する世界の一つで、六道の中でも特に救いの無い世界とされています。

その実態は、動物や虫に転生した世界のことで、本能のみで行動し、常に弱肉強食に晒される過酷な世界だと言われています。

つまり、仏教において動物とは「過去に悪行をなした人間が転生した姿」とされているのです。因みに、キリスト教などでも動物は支配されるもの、人間に劣るものとして格下に扱われる事もあるようです。

人の道から外れた者に対するののしりとして「犬畜生にも劣る」という言葉があるように、歴史から見ても元々日本では動物を下に見る傾向が強かったわけですね。

仏教からみて、動物と人が一緒のお墓に入ることは好ましくない

以上の仏教的な観点で見ると、とてもじゃありませんが動物と人が一緒のお墓に入るなんて…となりますよね。もちろん、現在では動物はペットとして大切な家族の一員になっていますが、それでも仏教を重んじる在職や年配の方の中には否定的な意見も見受けられます。

まだまだペットと一緒にお墓に入れてくれる墓地が少ないのはこういった仏教の教えによる影響が根強いためだと言われています。

その上、仏教では念仏を唱えることで極楽浄土に行けるとされており、動物は念仏を唱えることはできず、人間に転生して念仏を唱えることで初めてその魂は極楽に行けると考えられています。

大好きなペットをなんでご先祖様と一緒にできないんだという考えも分かりますが、仏教に準ずる方々の事も考えるとむやみやたらに認める訳にもいかないのが現状です。

ペットと一緒のお墓に入ることを法律上の観点から見た場合

宗教の観点から行けばペットと一緒のお墓に入ることはあまり好ましくないことが分かりました。では法律上はどうなのでしょうか?極端な話、ご自身が仏教徒でない場合、法律さえ問題なければ一緒のお墓に入ることは何ら問題はないわけです。

それでは今度は、法律上の観点から見たお話をしていきます。こちらも少し難しいですが、大事なお話となってきますのでしっかりと読んでみてください。

法律上は問題なし

いきなり結論からお話しますと、『法律上、ペットと同じお墓に入ることは全然問題なし』という結果になります。今回のお話では墓地、埋葬等に関する法律(昭和23年5月31日法律第48号)、通称『墓埋法(ぼまいほう』が関係してきます。

この墓埋法には人間の埋葬や墓地に関する様々な原則が定められていますが、ペットの焼却や埋却、ペット霊園に関する事項が一切含まれておりません。法律において、記載されていない事項は問題なしというルールですので、同じく記載されていないペット関係の埋葬に関して墓埋法は機能しないわけです。

また、これを後押しするように環境省は、昭和52年に動物霊園事業において取り扱われる動物の死体は廃棄物に該当するものではないと公表しています。人間とペットを同じお墓に入れる場合、法律上は副葬品として扱われます。これは法律上では愛玩動物は生きている間は飼い主の所有物となるためです。

霊園や墓地の管理人に拒否された場合

法律上は問題なし…とはいってもお墓や霊園の管理者が承諾しない限り、勝手に人間とペットを一緒に埋葬することは許されません。

これは当然といえば当然なのですが、施設を保有及び管理する人間が定めたルールが優先されます。あくまで法律に記載されていないからOKなのであって、『ペットと人間は同じお墓に入れるもの』と強制されているわけではないからです。

ペットと一緒に入れるお墓がある霊園や墓地はかなり少ない

現在、ペットと人間が同じお墓に入れる霊園や墓地はかなり少ないのが実情です。これは仏教に準ずる在職の考え方だけでなく、資金やスペースの確保、他の利用者に対する配慮も理由に含まれています。

ペット、もしくは人専用にお墓を作ってきた霊園や墓地にとって、今までとは異なる種族を同じお墓に入れることは容易ではありません。場合によっては新しい施設や器具を購入することもありますし、そうなると資金やスペースも必要になってきます。特にペット専用のお墓だけを配置していた場合、新たなお墓スペースを設けることにもなるでしょう。

更に、これまでご先祖様をお墓に埋葬してきた利用者への承諾も必要です。そうなった時、恐らくですが全員が快諾することはほぼないと言っていいでしょう。お墓を大切にする利用者はほとんどが仏教徒であり、仏教徒である以上六道輪廻の考えを持っています。

全員が全員、拒否するわけではないとしてもトラブルの危険を回避するためにもペットと人間を同じお墓に入れるようにするというのは、管理人からしてみればどうしてもためらってしまうのです。

そこに、仏教の教えも合わさることでペットと人間が同じお墓に入れる霊園や墓地が増えないようになっているのでしょう。特にペットブームが起きる以前に設立された公営霊園はその傾向が強いです。

ペットと一緒のお墓に入る方法

ここまでお話したことをまとめると、実際にペットと同じお墓に入る事は不可能だと考えてしまいそうですが、実際にはいくつか方法があります。

確かに、仏教を含めた色々な事が要因で一緒のお墓に入ることを認められない霊園や墓地は多いです。しかし、動物をペットとして可愛がり、同じ家族として愛するべきものと考える人が多いことも事実。

近年はそれを考慮してペットと人間を同じお墓に入れても良いとした霊園や墓地も少しずつ増えてきてますし、それ以外でも樹木葬という方法もあります。
ここではそんな霊園や墓地、樹木葬について詳しくご紹介していきます。

一般墓の場合

古くから運営されている霊園や寺院が管理している霊園では、宗教をおもんじていることもあり、ほとんどがペットと一緒のお墓に入ることを認めていません。一方で、比較的新しい霊園の場合、霊園の一部スペースをペット可にしている霊園もあります。

特に、傾向として民営霊園であることが多いようです。これは民営霊園の場合、無宗教や宗教に拘らない霊園も多く、結果としてペットと一緒に埋葬する事を認めているからです。新しめの民営霊園とかなり限定されることになりますが、一度お近くの霊園を調べてみるともしかしたら見つかるかもしれません。

永代供養墓の場合

永代供養墓とは、お墓を管理できる者がいなくなった後も、お寺や霊園が一定期間管理してくれるお墓のことです。一定期間と言っても、ほとんどの場合は33回忌、多くて50回忌まで管理してくれるところもあります。

また、期間を過ぎても他の方の遺骨とまとめて埋葬する合祀(ごうし)を行うだけで、その後もきちんと供養してくれます。近年では家族単位で申し込めるタイプのプランにペットも含めてくれるものが増えています。ペットが先に亡くなった場合でも、ペットだけを埋葬するということも可能です。

樹木葬の場合

樹木葬…と聞くとなんだか物々しい印象を受けますが、肉体が朽ちたあとも骨は自然に還り新しい命が生まれるという考えからなる歴とした埋葬方法です。自分もペットも自然の一部

として生き続けたいという方には、この樹木葬が最もその理想に近い埋葬方法だと言えるでしょう。

よくあるタイプは2つあり、人間とペットが同じお墓に入るタイプと、ペット用に個別でお墓が用意されているタイプがあります。

ペットと一緒にお墓に入りたい時に注意したいこと

先述したように、ペットと一緒のお墓に入れる方法も少ないながらあります。しかし、ここで課題になってくるのがご家族の了承、そして自分が先に亡くなってしまった時の対応です。まだまだペットと一緒のお墓に入ること自体が浸透していない現状では、このような課題にどのように向き合っていくべくか戸惑うかもしれません。

ここでは、そんな2つの課題について詳しく見ていきます。

家族の了承は取ること

まず第一にご家族に対して了承を取ることが大切です。特に、仏教の家系に生まれたのであればどうしても家族との対談は避けられないこともあります。

ご家族にもよりますが、ほとんどの場合、ご家族は自分の子供はそのままご先祖様のお墓に入るだろうと思っています。ですが、現在の霊園や墓地のことを考えると、ほぼ間違いなく自分やペットは別のお墓に入ることになるでしょう。

そうなると当然、ご家族の意向とは異なってきますし、仏教の教えに準ずる家庭ならばなおさらです。もし対談になった場合、了承してほしい立場、了承する立場、双方違った考え方を持つことを理解しなければなりません。

仏教では動物と人間を同じお墓に入れるのは好ましくない、近年ペットは愛する家族の一員と捉えることが当たり前になっている、これらはどちらも真実です。どちらが間違っているわけではありませんので、対談する際はお互いの意見を尊重しながら自分の考えを伝えましょう。

自分が先に亡くなった場合の対策

もしペットよりも先に自分が亡くなってしまったら…ご年配の方の中にはそういった心配をされている人もいるかと思います。たとえご年配でなくとも、ペットを飼っている人だとふと気になってしまう…なんて人も少なくないでしょう。

その場合はエンディングノートを作成しておくことをおすすめします。これは、自分になにかあったときに、友人や家族に向けて「こうしてほしい、ああしてほしい」と要望を書けるという役割も持っています。

ただし、エンディングノートは遺言書と違い、法的効力を持ちません。エンディングノートを作成するだけでなく、その後にきちんとご家族に相談しておくほうが無難です。

ペットと一緒のお墓に入ることは不可能ではない

人間は古くからの風習や考えをとても大事にする生き物です。しかし、かといって新しい流れを受け入れることも大切なこと。ペットと一緒のお墓に入ることは、在職の方やご年配の方にはこれまでの常識や考えからするとありえないことかもしれません。

ですが、実際にこうして徐々に認められていくようになった今、ペットの扱いも考えていかなくてはいけないのかもしれませんね。

人間と一緒のお墓に入れられない場合、他の埋葬方法はこちらをご覧ください。