犬や猫の熱中症対策〜夏の暑い日ほど要注意!〜

コラム

「犬や猫は熱中症になりやすい」なんて話を聞いたことありませんか?実はその話、本当なんです。

ペットとして人気な動物の中にも気温の変化に敏感な種類は珍しくありませんが、その中でも犬猫は特に危険。「下手をすれば命の危険が…」というレベルではなく、犬や猫にとって熱中症は常に命の危険と隣合わせなのです。

そこで、この記事では犬や猫の熱中症について解説していきます。これを読んで、熱中症対策を万全にしましょう!

犬猫の熱中症における危険性

冒頭でもお話ししたように、犬や猫は比較的熱中症にかかりやすい動物です。

しかし、町中を歩いていると、結構犬猫の熱中症対策が杜撰な人を目にするのが正直なところ。そこでまずは、我々人間と比べてどれだけ熱中症が危険かを見ていきましょう。きっと今までよりも夏場の熱中症対策に本気になれます。

犬猫の熱中症での死亡確率は高い

そもそも勘違いされがちですが、熱中症は命に関わる症状の一つです。様々な環境に適応している人間ですら例外ではなく、2020年の夏ではおよそ6.5万人が熱中症で緊急搬送され、そのうち900人以上が死亡しています。

これが熱中症にかかりやすいと言われる犬猫なら、より危険なのは言うまでもないでしょう。実際、アイペット損害保険株式会社が行ったアンケートでは、実に飼い主様の半分が犬猫の熱中症の症状を疑った事があると回答しています。

さらに、動物病院のデータを調べて行くと重度の熱中症にかかった犬猫の死亡率はおよそ40%前後、そのほとんどが発症から24時間以内に起こっていることが分かります。

犬や猫は人間より熱中症にかかりやすい

飼い主様の中には「犬や猫は体温が高いから熱中症にかかりにくいんじゃない?」と思っている人もいるのではないでしょうか?確かに、犬や猫の平熱は38℃程度と人間よりも高いのは事実です。

ただし、平熱が高いからと言って熱中症に強いわけではありません。人に限らず動物は体温が40℃を超えると熱中症の危険があると言われています。つまり、犬猫の平熱を考えると、たった2℃程度熱が上がるだけで熱中症の危険があるということです。

更に、犬や猫には汗をかく器官である「汗腺」が少なく、体温調節が難しい動物です。2℃程度なら暑いところにじっとしていれば、すぐに上がってしまうでしょう。

加えて、「野生の力があるから大丈夫だと思っていた」という声もありました。これに関しては完全に誤解です。野生の力とは、体調や怪我に関わらず平気そうに見せる我慢強さにあります。自然界で弱っている姿を見せるということは「襲われても反撃する力がない」と言ってるようなものですからね。

その点「かかりやすいのに痩せ我慢していて、体調の変化が分かりづらい」ため気が付かないケースの危険が考えられます。

犬猫が熱中症になる主な原因

犬や猫にとって、熱中症がどれほど恐ろしいか…ご理解いただけたかと思います。特に動物の言葉は私たち人間には理解できません。「うちの子に限って…」なんて思わずに常にペットのことはよく見ておきましょう。

また、犬や猫の熱中症は飼い主様が注意深く見てあげることで回避できるものも多いです。自分のペットから目を離さず、熱中症になりうる要因はできるだけ排除していきましょう。

ここからは具体的な熱中症の原因について説明していきます。どれも日常でありうる行動なので、しっかり覚えていきましょう。もし少しでも心当たりがあるなら、すぐにでも止めるように!

車内など高温多湿環境に放置

買い物などでスーパーに来たとき、車の中にペットを放置した事…ありませんか?確かに、柵に縛っておくと通行人に吠えたり、噛み付いてしまうこともあるかもしれません。

しかし、夏場の車内はクーラーがあっても犬猫にとってはかなり高温多湿な環境です。もし誤ってエンジンを切って買い物にいってしまうと、戻ってきた時にはかなりの確率で危険な状況になっていることでしょう。

夏場の場合は10分程度で死亡してしまうケースも報告されています。子犬や子猫の場合は数分で重篤(じゅうとく)状態に陥ることもありえます。

絶対に車内には置いていかないように!また同様の理由から、車に乗せる際は事前に車内を冷やしておきましょう。

過度な運動

夏であっても、犬や猫の運動不足は肥満に繋がるため適度な運動は必要不可欠です。特に、元気なペットは積極的に飼い主様と遊びたいと思うでしょう。

一方で、過度な運動は厳禁。汗をかきづらいペットだと体温が必要以上に上がってしまい、下手をすれば熱中症にかかってしまう恐れがあります。適切な運動量を心がけましょう。

日中の散歩

よく昼間に散歩に出かけると、ペットと一緒に散歩する飼い主様を見かけます。夏場以外なら問題はないですが、実はかなり危険な行為だとご存じでしょうか?

夏場の暑い時間帯の地面はまさに地獄。裸足や素手で地面を触ってみると、思わず離したくなるほど熱いと思います。犬や猫は常にその熱さの中を歩いていると考えるとどれだけ危ない行為なのか想像できると思います。

加えて、身長や体格も人間とは違って、頭や体も地面ととても近いです。夏場は太陽が出ている時間帯は基本的に避けたほうが良いでしょう。その他の時間帯でも、水分補給や霧吹きなどの体温調節対策は万全に。念の為、薄手のシャツを着せるとより安全です。

ドライヤーの熱でも熱中症に

意外と気が付かないのがドライヤーの熱。普段我々人間は髪を乾かすのに使用していますが、温風を手に当て続けてると火傷する危険性があるほど熱いです。

全身毛で覆われている犬や猫は、自然に全体をドライヤーで乾かす事になりますが、それはその温風を全身の肌に当てるということ。注意しなければそれが原因で熱中症にかかる恐れがあります。

また、似たケースで冬場の暖房などでも熱中症にかかることもありますので合わせてこちらも覚えていきましょう。

犬猫の熱中症の症状〜初期症状〜

さて、危険性や原因が分かったところで、次は熱中症の症状を初期症状と危険症状に分けて解説していきます。

まずは初期症状から。この段階では飼い主様が適切な処置を施せば回復する程度の段階ですが、可能であれば処置後は1度動物病院で受診しておくと安全です。

パンティングをしている

パンティングとは「ハッハッハ」とあえぐ様な呼吸のことで、主に汗腺が発達していない鳥類や犬に見られる行為です。汗が出せないから、呼吸気道から放熱するということですね。

この状態はすなわち、ペットにとって暑い環境ということ。人間に例えると汗を流しているような状況だと考えると分かりやすいでしょう。

パンティングそのものはごく自然な行為なのですが、いつまでもパンティングしていたり苦しそうな声をしている時は熱中症の恐れがあります。

体が熱い

先程も解説したとおり、犬や猫は平熱が人間よりも高く、だっこすると結構暖かいですよね。しかし、だっこしたとき「いつもより熱いような?」と感じたら要注意。体温が平熱より高いということ、つまり熱中症の恐れがあります。

すぐに動物用の体温計で熱を測ってください。もし40℃以上ならすぐに身体を冷やしてあげましょう。

呼吸数や心拍数の増加

犬や猫の1分あたりの呼吸数や心拍数の平均を覚えておくと、病気や熱中症の症状に素早く気づけます。因みに、呼吸数や心拍数、血圧や体温を含めた4つをバイタルサインと呼びます。

・犬の呼吸数
小型犬、25回前後
大型犬、15回前後

・犬の心拍数(子犬は倍近い)
小型犬、60〜80回
大型犬、40〜50回

・猫の呼吸数
24〜42回

・猫の心拍数
120 〜180回

これらの平均数から大きく外れている場合は、熱中症などで身体が熱いか、心臓や肺になんらかの異常がある危険性が高いです

落ち着きがない

パンティングや呼吸数の乱れ、行動面などから落ち着きがないなと思ったら、熱中症を疑いましょう。体温や呼吸数及び心拍数の増加により興奮状態になっているかもしれません。

この場合は体を冷やしてあげるなどの一般的な応急処置はもちろんですが、念のため冷やした後の行動にも気を配りましょう。熱中症以外でも、怪我だったり別の病気のときも興奮状態になりますから。

よだれが増える

よだれが増える事が熱中症の症状…というよりパンティングを続けてるせいでよだれが増えたり、熱中症による吐き気の影響で唾液量が多くなったりしているといった方が正しいです。

汗腺が少ない犬はよだれの量で体温を調節したり、またパンティングの結果よだれが多くなったりします。この状態が長く続いてしまうと、水分が足りなくなり熱中症にかかってしまうのです。

また熱中症以外でも、口内炎や胃炎、てんかんなどでもよだれが異常分泌されます。

目や口の中が赤い

体温が高くなると、目や舌が充血し赤くなります。この状態は典型的な熱中症の初期症状な上に見た目的にも分かりやすいですね。確認次第、すぐに応急処置に取り掛かりましょう。

また、それ以外でも、特に目の場合は角膜障害や逆さまつげでも赤くなります。応急処置後も赤い場合は動物病院で受診しましょう。

犬猫の熱中症での症状〜危険症状〜

続いて、熱中症の危険な症状について見ていきます。これらは熱中症によって脱水症状を引き起こした時に起こることがほとんどです。

もしこれらの症状が見受けられる場合は、命に危険が及ぶ前に、速やかに動物病院に連れていきましょう。

ぐったりして動かない

おやつやご飯など、好物を目の前にしても動かない時は急いでペットの名前を呼んでみましょう。もし反応が無かったり、意識がなかったりするのであれば、急いで動物病院に向かいましょう!

これは体力低下などで、内臓に多大な負荷がかかっている状態で、仮に命が助かっても後遺症が残ってしまう可能性も考えられます。

嘔吐や下痢

何も食べていないのに嘔吐や下痢をした場合、熱中症によって消化器系に障害が発生している可能性が極めて高いです。

そのままにしておくと体内の水分がすぐに無くなってしまい、脱水症状を引き起きてしまいます。ただし、飼い主様の判断で水分を無理に補給するのは、返って症状を悪化させる危険があるので厳禁。

また、危険な脱水症状の一つとして、嘔吐や下痢が血混じりになるというものがあります。この状態だと、たとえ治療出来たとしても、内臓系に多大なダメージを残してしまう事が多いです。

筋肉の震えや痙攣

犬や猫が痙攣している時は、脱水症状や発作の可能性があり、言うまでもなく危険な状態です。他の症状でも言えることですが、飼い主様の判断で対応せずに、必ず動物病院に向かいましょう。

また筋肉の震えや痙攣は、筋肉疲労などの軽度のものから、てんかんや脳の病気、腎臓の機能障害でも起こります。

チアノーゼが出ている

チアノーゼとは舌や歯ぐきが青紫になる事で、酸素が十分に行き届いていないと起こるサインです。この状態が長く続いてしまうと、ショック症状を引き起こしたり、完全に意識が無くなり死に至ることもあります。

また、熱中症以外でも、心臓や肺の病気でも同様にチアノーゼがでることがあります。

犬猫が熱中症になった時の応急処置

さて、次はもし熱中症になってしまった時のために、応急処置について説明していきます。応急処置が適切であれば、初期症状の段階では回復が見込めますし、重篤(じゅうとく)であっても命を繋げる手助けにはなります。

愛する家族が危険な状態になって混乱する気持ちは分かりますが、極力冷静に処置に臨みましょう。

日陰などの涼しく日光が当たらない場所に移動させる

なんであれ、まずは日が当たらない涼しい場所に移動させるのが第一です。外であれば木陰などでも構いませんし、家の中であればなるべく風通しの良い場所に移動させましょう。

これは、これ以上の悪化を防ぐための処置。次から説明する応急処置こそが肝ですが、日陰に移動させない限りはどうしようもない…それほど重要な行為です。

水分補給をさせる

危険な症状を除き、初期段階では水分補給をさせると効果的です。重篤(じゅうとく)の場合は先述した通り、無理に飲ませずに獣医師の判断に従いましょう。

また、一般的にはあまり馴染みがありませんがペット用のスポーツドリンクも販売されており、水分補給の他にミネラルの補給もできます。ただ、全体的にスポーツドリンクはカロリーが高い傾向があるので、飲ませ過ぎには注意。

人間用のスポーツドリンクは犬や猫にとって過剰摂取になる成分が多く含んでいるため、あまり推奨されません。特に、キシリトール入りは犬にとって猛毒なため、絶対に飲ませないようにしましょう。

氷のうや保冷剤を太い血管が通った場所に配置する

氷のう(氷を入れる袋でアイシングバッグとも言われる)や保冷剤を太い血管が通った場所に配置することで、体温を冷やすことも効果的です。

犬や猫の場合は、首や脇などが太い血管が通る場所ですね。ただ、保冷剤は凍傷になる恐れがあるため、タオルなどの布で包んでから配置しましょう。

水で濡らしたタオルなどで包む

身体を冷やす行為として、霧吹きや水で濡れたタオルで包むことも推奨されています。ただし、霧吹きは水を嫌がる可能性があり、濡れたタオルはすぐに温まるためすぐに交換する必要があります。

ただし、冷やしすぎも注意!平熱よりも体温が下回ると低体温症にかかる危険性があります。

犬や猫が熱中症にならないようにするには

これまで熱中症の危険性、原因、応急処置などを説明してきましたが、結局のところ「熱中症にかからないようにする」ことが一番です。

ここでは、熱中症にならないように予防対策について説明していきます。これらをしっかり守って、暑い夏場を乗り切りましょう。

室温と湿度を調節する

熱中症は外出時でなくとも、室温や湿度次第で家の中でもかかる危険性があります。犬や猫にとって最適な温度を保ちましょう。

・犬にとって最適な室温と湿度
室温22℃、湿度60%

・猫にとって最適な室温と温度
室温20℃〜25℃、湿度40〜60%

エアコン代が高くなるのを避けたい場合は、エアコンとサーキュレーターや扇風機などを併用するのも良いでしょう。

ペットを連れての外出は時間帯に気を付ける

夏場の日中の地面は地獄の業火に等しいです。日中の散歩は厳禁、それ以外でも蒸し暑い日などは避けましょう。

もし、どうしてもペットが散歩に行きたがっている場合は水分、タオル、シャツを忘れずに。少しでも異常を感じたら上記の応急処置を行いましょう。

水を切らさない

室内にいる時はとにかく水を切らさないことが大事です。定期的にボウルを確認し、継ぎ足ししましょう。

また、暑い時期は水が変質することもありますので、この場合も水を取り替える必要があります。外出時は複数のボウルを置いておくなどの対策も忘れずに。

車内に放置しない

熱中症の原因でも記述しましたが、車内に放置することは最もやってはいけない行為です。たとえエンジンを掛けてても絶対に放置してはなりません。

また、運転する前に十分に車内を涼しくしておきましょう。暑い時期の車内は50℃を超えることも珍しくありません、人間の感覚で乗ってからエアコンを付けても間に合わない可能性が高いです。

犬や猫が熱中症になったら応急処置後にすぐ病院へ!

夏の時期になると、我々火葬場のお仕事が増えます。悲しいことですが、やはり熱中症で命を失ってしまったペットが多いのが現状。

犬や猫にとって、熱中症は死のリスクを常にはらんでいます。この記事を見て、しっかり熱中症対策を行いましょう。