他の霊園でペット火葬をしたご家族様のお話

コラム

先日、とあるご家族様から天国への扉ペットメモリアル都山についてのお問い合わせがありました。聞けば「他の霊園でペット火葬を終えたが、ネットで天国への扉のホームページを見つけた。ぜひ詳しくお話を伺いたい」とのこと。

今回は、このご家族とのお電話を中心に、ペット火葬の現状と訪問ペット火葬のこれからをお話していきます。

霊園でのペット火葬…酷い対応に困惑

お客様の地域、ペットちゃんの種類、体重などをお聞きして、プランの説明、それぞれの料金など、一通りのご説明をさせていただいたところで、ご家族様が火葬を行った地元の霊園についてお話ししてくださいました。

話によれば、そのご家族は霊園でのペット火葬の対応が酷い有ようだったようで、すごく悲しい気持ちになったとのこと。気になって具体的な対応をお聞きしたところ、かなり横暴かつ最低な内容でした。

予定時間より早く来たら説教

「早く到着した方が打ち合わせも出来てスムーズに火葬が行えるだろう」と思ったご家族様は予定時間より少し早く霊園に向かわれたのですが、そこで早く来たことを説教されたそうです。

曰く、「早く来る事はペットに失礼」と言われたんだとか。ただ、そんな話は聞いたことありませんし、実際に人間のお葬式でもペットの火葬でも早く来られるお客様は沢山いらっしゃいます。

もちろん、数時間前から来るようであれば少々話は異なってきますが、少し早く来たからといって失礼に値する行為ではありません。

料金を先に払おうとして説教

前提として、その霊園では明確なお支払いタイミングを決めていません。その上でお話させてください。

一通り葬儀の説明を受けたご家族様は、料金のお支払いタイミングが分からないこともあり先にお支払いを済ませようとしたのですが、ここでも「今支払いをするのはおかしい、ペットに失礼。」と言われたそうです。

まず当然ながら、【ペット火葬は後払いが前提】のようなルールは存在しません。それに「ペットに失礼」という意味も正直理解出来かねますし、仮に後払いにしてほしいにしても言い方はいくらでもあります。

その他にも…

他には、「火葬の具体的な終了時間は分からない」と言われたり、事あるごとに説教をされたりしたそうです。また、霊園内はお世辞にもキレイとは言えない、かなり散らかったそうです。

もちろん、ご家族様の行為はすべて善意で行っていました。予定時間より早く来たのはスムーズに火葬するため、先に料金を払おうとしたのは明確なお支払いタイミングが分からなかったからです。

愛する家族の一員が亡くなられて悲しんでいる人にする対応とは思えない、あまりに横暴な態度ですね。

天国への扉ペットメモリアル都山でのペット火葬対応の仕方

私どもの訪問ペット火葬の内容を知らなかったこともあり、ご家族様には改めて詳しい説明を行いました。

・訪問ペット火葬とは、ペット専用の火葬車でご自宅で火葬を行うこと。

・立ち会い火葬やおまかせ火葬などのプランのご説明

・ご返骨や納骨のご説明

・個別火葬と合同火葬の違い(私どもの場合、合同火葬というよりは合同埋葬ですが…)

・Google口コミで評価5になっていること

特に、口コミが5になっていることはご家族様からも「すごいじゃないですか!評価5って素晴らしいですね!」と嬉しいお言葉を頂きました。

私どもはご家族様に寄り添ったペット火葬を日々心がけております。その結果がこちらの評価に繋がってると思っております。ですがこの評価に傲る事なく、これからもご家族のお気持ちを第一に考えてご対応させて頂きたいと思っております。

ペット火葬の存在とその評判

「こちらのサービスを事前に知っておけば、今回のような悲しい思いをすることは無かった。とても残念です。」ご家族様の無念の気持ちがひしひしと伝わってきました。

まだまだ、訪問ペット火葬の認知度は低いのが現状で「ペット葬儀=ペット霊園」というイメージが一般なのだと思います。私どもはもっといろいろな媒体を通じて、一般の方へ向けて情報発信をまだまだしていかなければと思いました。

ですが、今回の問題の本質とは違います。確かに訪問ペット火葬は、遠い霊園に足を運ばなくて済んだり、ペットを自分の家で見送れることなどメリットは少なくありません。しかし、それと同じくらいペット霊園にも素敵なところはあります。

今回の問題の本質とは、営業形態ではなく霊園の対応が酷すぎるというところです。

・お客様への対応とは思えない横柄な態度

・悲しんでいるご家族様に向かって説教

・霊に対する敬意を感じられない汚い施設

厳かな霊園のイメージから大きく離れていると言っても過言ではありません。このような対応をしていたら、ユーザーは離れていき、ビジネスとして成り立たなくなってしまいます。

なにより、霊園がこんな対応をする限り、せっかく選んで頂いたご家族様が悲しい思いをしてしまいます。ペットとの別れを悲しみ、せめて安らかに天国へ送ってあげようとするご家族様のお気持ちを踏みにじるなど、同じくペット火葬を生業としている私どもからしてみてば到底信じられません。

ペット火葬としてのレベルアップ

今回はペット霊園での酷い対応についてお話ししてきましたが、決してペット霊園自体を批判しているわけではありません。形は違えど同じペット火葬を生業にしているものとして、むしろ教わることは多々あります。

また、私どものような訪問ペット火葬の業者でも評価の悪い業者があるのも事実です。

今回のようなご家族様からの声をお聞きし、どのように対応していくかが、今後私ども行動していくべき事だと思います。

日頃から、ご家族様に寄り添った対応は当たり前と思ってますが、時には何気ない言葉がご家族様を傷つける事も無きにしもあらずなので、より一層気を引き締めていこうと思います。